NEWS/RELEASE


欅坂46“No.1アイドル”長濱ねる、初写真集で心身とも完全開放 決意の水着姿も披露


 人気アイドルグループ・欅坂46の長濱ねる(19)が、1st写真集(タイトル未定・講談社)を12月19日に発売することが決定した。個性豊かなグループの中でも“アイドル性No.1”の呼び声高い美少女が、自身の故郷・長崎の五島列島で撮影された記念すべき初写真集で、決意の初水着姿にも挑戦した。

 昨年4月にデビュー以降、年末の『NHK紅白歌合戦』に出場、リリースした全てのシングル&アルバムがオリコン週間ランキング初登場1位獲得、ドラマやCMに多数出演など、日本のアイドルシーンに衝撃を与え続けている欅坂46。そんな勢いに乗るグループからのソロ写真集第1弾として、長濱が抜てきされた。

 長濱は、欅坂46の最終オーディション(2015年8月21日)当日、母親に反対されて長崎の実家に連れ戻されたが、熱意が実り、同年11月に“特例”で「けやき坂46」として加入。2ndシングル「世界には愛しかない」(16年8月発売)からは欅坂46との兼任で活躍してきたが、5thシングル「風に吹かれても」(今月25日発売)から欅坂46専任となることも大きなニュースとして報じられた。

 そんな“遅れてきたシンデレラ”の初写真集の撮影は、故郷の五島列島を中心にロケが行われ、美しい景色を舞台に自然体の生き生きとした表情を次々に披露。恥じらいながらもフレッシュなビキニ姿を見せたほか、「こんなに自分を見せたのは人生で初めて』と語るほど、思いっきり笑い、感動して泣いた表情など、まさに全てをさらけ出した1冊となっている。

 撮影を終えた長濱は「生まれての初めての水着撮影は緊張と不安でドキドキしたのですが、なじみ深い五島の海に背中を押され、少しだけ恥ずかしさを忘れて楽しむことができました」と充実の表情。長崎の町並みや美しい景色も多数収録されることから「心許せる場所で感情も開放的になり、今の私のすべて見をお見せする1冊になりました」と胸を張った。

 編集担当者も「最初は『写真が苦手なんです』と言っていた長濱さんの表情が、五島列島のロケを通して生き生きと変化していく様子は、成長ドキュメントを見ているようでした。彼女にとって、ターニングポイントになる1冊だと思います!」と自信を込めている。

 撮影を担当したのは、多数の女優やアイドルを撮影し、乃木坂46・生田絵梨花の『転調』や齋藤飛鳥の『潮騒』などを手掛けたフォトグラファー・細居幸次郎氏。日本で一番坂道シリーズ(乃木坂46&欅坂46)のメンバーを撮影しており、ファンからの信頼も厚い同氏が、みずみずしい長濱の魅力に迫った。

 本誌には長濱のロングインタビュー&直筆メッセージも掲載。160ページの大ボリュームで、長濱の“18歳の夏”の輝きを存分に収めた作品が誕生した。なお、この日から同作の公式ツイッターアカウント【@neru_nagasaki】がスタート。第1弾のつぶやきとして、長濱のコメント動画が投稿された。

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP