NEWS/RELEASE


原宿キャットストリートで「バーチャル空中散歩」体験!


 東京・原宿のキャットストリートの巨大ビル・Casa神宮前で、6〜8日の3日間限定で行われているファブリックメーカー『GORE-TEX PRODUCT』の体験イベント。「原宿の真ん中でアウトドア気分が満喫できる」という話を聞いたJOSHI+は、“JOSHI+ girl”として参加してくれた吉田愛美ちゃん&中村茉里李ちゃんと体験してみることに…。

 「GORE-TEX」は防水性、防風性、透湿性に優れている点が特長で、アウトドアファッション&グッズではお馴染みの素材。レインシューズやスニーカー、コートなどのタウンウェアにも使われることがあるので、インドア派の女子たちもお世話になっていることがあるんだとか。今回のイベントは「名前は知っているけど機能は知らない」という人たちに素材の特長を紹介するために企画されたんだそう。ちなみに、オーディション情報サイト『Deview』協力のもと参加してくれた2人も同素材の服は「着たことがない」とか。

 会場に向かってみると、ビルの正面入口に巨大なブランコのような設備が。同素材のウエアとヘッドマウント・ディスプレイを装着して“バーチャル空中散歩”をする…というもので、ディスプレイから見える空中散歩の映像やヘッドフォンから聞こえる大自然のサウンドのほか、水しぶきや風の演出もあるという「4D」アトラクションなんだそう。さっそく体験しようとするものの、茉里李ちゃんの表情がこわばっていき…。「こういうの苦手」という彼女に心構えができるまで、会場内をブラブラすることに。

 ビルの中に入ると、「GORE-TEX」生地を使った8ブランドの商品がズラリと展示されていて、アウトドアショップ感満載。ひと通り見終わったあとに、同素材を使ったレインウエアを着込んでガラスボックスの中に入り、「東京のゲリラ豪雨並み」(スタッフ)という雨風を体験するアトラクションにチャレンジ! あまりの水量に思わず固まってしまう茉里李ちゃんと、余裕のポージングを繰り出す愛美ちゃん。2人ともボックスから出てきたときは安堵の表情を浮かべながらも、「水も風も通さず寒くない。体温で暖かいぐらい」(愛美ちゃん)「初めて着たけど、着心地は軽くて動きやすいです」(茉里李ちゃん)との感想が。

 そしていよいよ、“バーチャル空中体験”ができるアトラクションに挑戦。安全ベルトやヘッドマウント・ディスプレイを装着してもらっていよいよスタート。シートが上昇して宙吊り状態になると、脚をブラブラさせるほどの余裕を見せる愛美ちゃんに対して、茉里李ちゃんは緊張のあまり硬直してしまう一幕も…。対照的なリアクションを見せた2人ではあるものの、終わったあとは「映像がきれい」「胸元あたりに水とか風が吹きつけられたりして、すごくリアルだった」と笑顔を見せるなど大満足。普段アウトドアはしないという都会派女子も、アミューズメントパーク気分で楽しめるはず!

 同イベントは午前11時から午後7時まで開催(最終日の8日のみ午後6時まで)。

関連リンク

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP