NEWS/RELEASE


新エレクトリカルパレードは「ラプンツェル」が目玉 新フロート全8台の見どころ発表


 オリエンタルランドが8日、7月9日からリニューアルされる夜のパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」の詳細を発表。新規フロートとしてディズニー映画『塔の上のラプンツェル』が登場するほか、ピーターパンやスモールワールドのフロート全7台が新しくなる。

 新たに登場するラプンツェルとフリン・ライダーを乗せたフロートは、ランタンが空を飛ぶシーンや、塔に巻きつく黄金に輝くラプンツェルの髪の毛など、映画のなかで印象深いシーンを幻想的に表現。光り輝く花などがデザインされ、見る人を魅了する。

 リニューアルされるフロートは7台。オープニングの「光の騎士」がさらに輝きを増した「ブルーフェアリー」を先導する形になり、より印象的な幕開けに。「ピーターパンの海賊船」では、ピターパンとフック船長の影が戦う様子を描き出し、さらに臨場感あふれるシーンを演出。スモールワールドのユニットでは、「ショーボート」のドナルドダックとデイジーダック、「エアシップ」のチップとデールのコスチュームなどが新しくなるほか、「ザ・ムーン」と「ザ・サン」がより華やかに変化する。

 すべてにLEDを採用し、より輝きを増したパレードが夜のパークを彩ってくれそうだ。

関連リンク

タグ

最新ニュース

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS



    PICK UP