COLUMN

大切なのはメイク前! ひと手間で化粧ノリを格段に良くする方法


寒い季節は、冷えや血行不良により、顔がむくんだり肌がくすんだりしやすいもの。

朝起きて鏡を見ると、なんとなく顔がぼんやり見える…という人も多いのではないでしょうか。

花飾りをかぶった笑顔の女性

(c)vadymvdrobot - Fotolia.com



そのままの状態ではメイクノリも悪く、フェイスラインがぼやけて顔が大きく見えてしまいます。

メイク前のフェイスマッサージで、シャープな小顔を取り戻しましょう。

■くすみやむくみの原因は、たまった老廃物
顔色がくすんでお疲れ顔に見えたり、目元やフェイスラインがパンパンにむくんでいたり…。その原因は、たまってしまった老廃物にあります。

肌も、体の筋肉と同じように、血行不良や疲れがたまるとかたくこわばってしまうもの。

そのまま放置するとむくみが固定され、顔が大きくなったまま定着してしまうこともあります。

老廃物をきちんと排出するには、血行やリンパの流れを良くすることが大切。

朝のメイク前にフェイスマッサージを行えば、その後のメイクノリも良くなって一石二鳥です。

■首マッサージでリンパの流れをスムーズに
時間がある場合は、フェイスマッサージに入る前に、まずは首のマッサージでリンパの流れをスムーズにしておきましょう。

老廃物を排出しやすくして、フェイスマッサージの効果をアップさせることができます。

  1. マッサージオイルを手のひらで温め、首全体に塗ります。オイルがない場合は乳液やクリームでもOK。

  2. 首の後ろで両手を組み、そこから首筋に沿って左右それぞれの手でなぞるようにマッサージします。

  3. 左右の耳の下を指で押し、そこから首の横を通って鎖骨まで指を下ろします。鎖骨からは肩に向かって、親指以外の4本の指を使ってさするようにします。


■小顔&肌を明るく! メイク前のフェイスマッサージ
フェイスマッサージは、洗顔の後に。肌に摩擦を与えないために、マッサージの際は必ずマッサージオイルかクリーム、乳液などを使用してください。

  1. 人差し指と中指、薬指の3本の指を使って額の中心を押します。そこから左右の外側に向かって少しずつ指をずらしていき、こめかみを通って耳の下へ。リンパを流すようなイメージで行いましょう。

  2. 1と同じ指を使い、目の下からこめかみ、そして頬の外側を通って顎へとさすります。

  3. 人差し指を中指で、下まぶたを軽くたたくようにします。血流をアップさせてクマ対策にもマル。まぶたの皮膚は薄いので、決して強くこすらないようにしてください。

  4. 最後に、もう一度首のマッサージをして、老廃物をしっかり押し流します。




フェイスマッサージで血行やリンパの流れを良くすれば、肌のトーンも明るくなり、ハリやツヤも生まれます。

むくみ解消による小顔効果もあり、さらにマッサージにオイルやクリームを使うことで、保湿ケアにも役立ちます。

スキンケアのついでにできる簡単フェイスマッサージ。毎朝の習慣にしてみてはいかがでしょうか。
 
 
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP