TREND

前日の夕飯にもヒントが!? イタリア人に学ぶ、冬の朝にスッキリ起きられる方法

寒い冬は、ふとんからなかなか出られないもの。朝食をとる時間もなく、職場につくころは空腹でふらふら…というシーンは、日本だけでなくイタリアでもちょいちょい見られます。

寝起きの女性

? BillionPhotos.com - Fotolia.com



しかし、知人宅のパーティーに行ったとき「僕は冬でもすぐ起きられるよ」と豪語する男性がいました。「コツは何?」とその場にいたみんなが食いついていて、誰もが同じ悩みを抱えているのね…と思ったものです。

誰もが「ふとんの誘惑」に苦労するこの時期ですが、ベッドから出られないと朝の貴重な時間をムダにしてしまいがち。ここでは、「すっきりと朝を迎えている人が実践しているコツ」についてご紹介します。

1.夜は腹6分目+ホットミルク
ある知人男性が、転職してまもないときの話です。新しいオフィスで働きはじめて1週間と立たないうちに、寝坊で遅刻してしまったそう。

おかげで来社していた顧客への自己紹介が遅れ、「上司の冷ややかな視線といったらなかった」と冷や汗をかいたといいます。

「目覚ましは全部途中で止めてしまって意味がない。2月のまっただなかで寒くて、ふとんから出にくいのもこたえた」と、強制的に目をさますための方法に限界を感じた彼。

悩んでいたとき、同棲している彼女がダイエットをはじめたそう。彼女に付きあって同じボリュームの食事をとりベッドに入ったところ、次の日の目覚めがスッキリ。

「僕には少ない夕食だったから、寝る前にホットミルクを飲んだけど、それでも次の日の朝に空腹になって目覚めたんだ。起きるのに苦労しないなんて小学生以来だよ」と大よろこびだったとか。

以来、彼のウィークデーの夕食は、腹6分目+ホットミルクのみ。休前日や週末だけ通常のボリュームで夕食を楽しむのが習慣になったそうです。



2.あったかグッズでベッドの誘惑に勝つ!
冷え性の知人女性はとにかく「寒くてベッドから出られない」ことに困っていました。「エアコンは嫌いだからつけてないし、部屋のオイルヒーターはあたたかくなるのに時間がかかりすぎる。子どもを学校に送らないといけないし、冬は無理やり起きるしかなくてストレスだった」と語る彼女。

一方、ご主人は暑がりで、彼女の悩みにはあまり理解を示してくれなかったといいます。そんなときに友人からもらったアメリカ旅行のおみやげが「着る毛布」でした。

「はやっているから」といわれても半信半疑だったものの、着てみると快適さに感動。「ベッドのすぐそばにこれをかけて、起きたらすぐに着る。ベッドのなかと同じくらいあたたかいから、起きるのが苦にならない」と、冬の朝をストレスなく過ごしています。

いまでは子どもたちも着るようになり、自分で起きる習慣が身について助かっているとか。

朝のスタートを気持ちよく切れたら、1日を過ごすためのモチベーションも右肩上がりになるもの。すんなり目覚めるための方法を見つけられれば、朝の時間を十分に活用することも、むずかしくありません。

すてきな朝を迎えられるよう、できることから取りいれてみるのがよさそうです。
 
 
 
(金丸 標)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP