COLUMN

今日からできる! 女優のような透き通る白肌を手に入れる方法


女優の綾瀬はるかのような、透き通った白い肌に憧れを抱いている女性は多いのではないでしょうか?

にもかかわらず、春夏は紫外線を浴びまくる環境に身を置いていたり、「秋冬は大丈夫だろう」と美白ケアを手抜きしている方もいるはず…。

美肌な女性

(c)Syda Productions - Fotolia.com



「美は1日にしてならず」という言葉があるように、綾瀬はるかのような陶器肌も1日、2日で手に入るものではありません。

ではどういったケアをすれば、年齢を感じさせない美白を手に入れることができるのでしょうか?

その疑問を解決するために、美白・美容のスペシャリストである幸田八州雄先生(株式会社天真堂 代表取締役社長)に取材してきました。

■陶器肌の第1条件である、美白に欠かせない成分は?
美白に欠かせない成分と聞いて、あなたはなにを思い浮かべますか? 「ビタミンC誘導体」「アルブチン」などを挙げる方が多いと思います。

幸田先生によれば、実はL-シスチンも美白には欠かせない成分なのだそう。そのヒントは、養殖のタイに隠されています。

天然のタイは通常海底深く、日光が弱い所で生息しているため、奇麗なピンク色をしています。

ところが、養殖のタイは浅いところで飼われているのにもかかわらずピンク色です。なぜ、養殖のタイは日焼けせずにピンク色なのでしょうか?

 「それは、餌に日焼けを防ぐあるものが混ぜられているからです」と、幸田先生は言います。その「あるもの」こそが、アミノ酸の一種である美肌に欠かせない成分「L-シスチン」なのです。

L-シスチンは美白効果があるだけでなく、髪にコシ、肌に弾力やハリを与えてくれ、さらには爪も強くしてくれます。まさに、女性にとってはうれしい成分。

その上、活性酸素に働きかける物質だという研究結果もでているため、老化を予防する効果もあるのだとか。

化粧品を選ぶ際には、「ビタミンC誘導体」「アルブチン」だけでなく、「Lシスチン」も必ずチェックするようにしましょう。

■陶器肌になりたいなら、内側からのケアも忘れずに
しかし、スキンケアだけでは透き通った美肌を手に入れるのは難しいのが現状。幸田先生によれば「肌は、外的要因2割、内的要因8割」なのだとか。

体の中からのケアをしっかりすることができれば、最速で陶器肌へと近づくことができます。

■まずは、食生活を意識して変える
そのために意識したいのが、食事。毎日、当たり前のようにおこなっている食事を、少し見直すだけで陶器肌へググンと近づくことができるのだそう。

かんきつ類、イチゴやプルーンなどは肌の新陳代謝を高め、牛肉、牛乳、オートミール、小麦粉はL-シスチンが含まれているため美肌効果が期待できます。積極的に摂取することを意識しましょう。



■難しい場合は、サプリメントに頼るのもあり
しかし、食生活をいきなり変えるのは難しいという方もいるでしょう。季節柄、手に入りにくい食材もあります。そんなときは、美白へ導いてくれる成分をサプリメントで摂取するのもOK。

たとえば、牛肉なら毎日1キロは食べないと美白に効果を発揮してくれません。それはかなり難しいですよね。

そこで、ビタミンCやLシスチンが含まれる食品を取り入れつつ、サプリメントで補っていけば、より陶器肌へと近づけるのです。

女性なら誰しもが憧れる、透明感がある白い肌。内からも外からも、しっかりとケアをおこなって、春までに理想の肌を手に入れましょう!
 
 
(辰巳まみ。)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP