LOVE

感謝プラスαが肝心! 飲食店の気になる店員と距離を縮めるための方法

こんにちは、恋愛作家の片瀬です。

カフェの店員と話す女性

? Olesia Bilkei - Fotolia.com



仕事の合間にランチをするお店や、定期的に行くお気にいりの飲食店はありますか? 私は友人を連れて飲みにいくときに必ず寄るお店があります。

そのお店ではイケメンが働いており、「今日もいつものですか?」「最近は忙しかったんですか?」などおしゃべりするのが楽しみになっています。

このように、よく行く飲食店の店員さんがイケメンでお気にいりだったり、ちょっとした恋心を抱いている場合、あなたはどうしますか?

「迷惑だろうから…」と、それ以上のことはせずに、いまの関係を楽しむ人が多いのではないでしょうか。大人の女性は、家を一歩出たときから、すべてが出会いの場なのです!

飲食店も例外ではありません。そこで今回は、行きつけのお店の人と接近するコツをこっそり教えちゃいます。

■常連の判断は店側にある!
常連だと思って、ちょっと突っこんだ話をしたとします。しかし、相手の反応はいまいち…ということ、ありませんか?

毎日たくさんのお客さまを相手にしているお店側からすると、印象に残ったお客さん(もしくは、かなりの短いスパンで来店)のことは覚えてくれているものです。

この常連枠はとても大切です。ただのお客さまの状態で連絡先を交換しようとしても、次に発展するのはむずかしいからです。

自分とほかの人との対応が同じであれば、「常連」と思われていない可能性がありますので、覚えてもらうことからはじめてみましょう。



■プラスαの感謝を伝える
私の知りあいに、いつもお店から出るとき、ありがとうと一緒に「○○がとてもおいしかったです」「店員さんの接客がすばらしかったので、また来たいです」と感想を伝える女性がいます。

また、私が学生時代に飲食店でバイトをしていたときのこと。ご夫婦でお食事をされた奥さまが「あなたの接客がよくて、また来ようと思ったわ」と声をかけてくれました。

そのときのことをいまでも覚えているくらい、お店や自分のことをほめられるというのはうれしいものです。会計時や店員さんが食器をさげてくれるときなどに、伝えるとよいですよ。

■会話のなかに知りたい情報を入れこむ
常連枠に入れたときは、相手の状況を見つつ、ひとつでも多く相手の情報を手にいれることをオススメします。たとえば、彼女の有無から趣味やシフトの状況(どのくらいの頻度で店にいるかなど)を会話のなかで聞いてみましょう。

「ランチが多いんですか?」「週末は絶対にいますよね」「来るといつもいるけど、休んでます?」というこたえやすい話から「休みのときなにしてるの?」という話題につなげていくといいでしょう。

■連絡先を渡す
方法はいくつかあります。ひとつは、メモを渡すことです。相手が仕事をしているときなので、スムーズに渡すことはできると思います。しかし、相手が忘れそうなくらい小さな紙切れではいけませんよ!

名前と連絡先とひとこと(仲良くなりたいなど簡潔に)を添えるくらいで大丈夫です。また、相手の仕事終わりがわかる場合は、待ちぶせというパターンも。

ただこの場合、あやしがられないためにも「お忙しいときにジャマをしてはいけないと思い…」と最初に伝えると、相手の心もちも変わってきます。

彼とあなたは、店員とお客。でも恋をしてはいけない関係ではありません。店員側からすれば「気になる女性がいても、お客さんに手をだすみたいで躊躇(ちゅうちょ)してしまう」そうです。

気になる店員さんがいるなら、まずは思いきって話しかけてみてくださいね。
 
 
 
(片瀬 萩乃)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP