COLUMN

美肌の大敵は体の中のアレ!? クマやくすみを改善する方法


しっかりスキンケアをしたり、きちんと睡眠をとったりしても、なかなか改善されないクマや肌のくすみ。その原因は、もしかしたら体の中の血にあるのかもしれません。

肌のお手入れをする笑顔の女性

(c)vadymvdrobot - Fotolia.com



体のなかから美肌を目指すためにも、普段あまり意識しない、自分の血の状態を見直してみましょう。

■血の状態が、肌トラブルや健康に影響する!?
私たちの体のすみずみまで、酸素や栄養を運んでくれる血液。血の流れが滞ってしまうと、酸素や栄養を十分に行きわたらせることができなくなってしまいます。

このような、血の流れが悪くドロドロ状態になってしまった血のことを、東洋医学の世界では「お血」とよびます。

お血状態になると冷えや免疫力の低下のほか、肌の新陳代謝も悪くなり、クマやくすみ、シミなどができやすくなってしまうのです。

また、肌トラブルだけでなく、生理不順や生理痛、子宮筋腫、卵巣嚢腫などの病気の原因になってしまうことも。

肌や体の老化にも影響するといわれており、キレイな肌を保つためにはお血を改善することがとても大切なのです。

■こんな症状があったら要注意! お血度セルフチェック
体の中を流れる血のことは、自分ではあまり分からないもの。次のような症状に3つ以上当てはまったら、もしかするとお血になってしまっているかもしれません。

・よく顔色が悪いといわれる
・ひどい生理痛や生理不順がある
・頭痛を伴うような肩や背中のコリがある
・歯ぐきや舌の裏が黒ずんでいたり、青紫色になっている
・目の下にクマや黒ずみがある
・手足や腰が冷えている
・体にアザができやすい
・シミやそばかす、吹き出物が多い
・便秘気味
・親指の付け根にある静脈が青く浮き出ている

■お血を改善する方法とは?
「もしかして自分がお血かも」と思ったら、日常生活の中で改善に向けた意識づけをしましょう。

放っておくとどんどんひどくなってしまうので、気付いた時からしっかり対策しておきたいところ。

お血になってしまう大きな原因は、不規則な生活や運動不足。ジャンクフードやインスタント食品ばかりを食べるような食生活や暴飲暴食、ストレスなども原因になります。

まずは食事や睡眠を見直し、規則正しい生活を送ることが大切です。



また、デスクワークなど長時間同じ姿勢でいることが多い人は、血の流れが悪くなってしまいがちです。

仕事の合間に軽いストレッチをしたり、通勤時にはなるべく歩くようにするなど、意識して体を動かすことが大切です。

食事の際は、ショウガやニラ、ナス、青梗菜などを積極的に摂取しましょう。スープやいためものなど、温かい料理で食べるのがおすすめ。黒砂糖や酢、シナモンを調味料として食事に取り入れるのも、お血改善に効果的です。

肌の状態に大きく影響する「血液」。お血を改善して、トラブル知らずのキレイな肌を手に入れてください!
 
 
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP