COLUMN

大人の女性なら知っておきたいドレスコードの常識


結婚式やパーティー、高級レストランでの食事など、大人の女性ならドレスコードを求められるシーンに遭遇することもしばしば。

そんなとき何を着れば良いか悩まなくて良いように、ドレスコードの基本を身につけておきましょう。

ドレス ドレスコード

(c)Photographee.eu - Fotolia.com



■ドレスコードが必要になるシーンとは?
ドレスコードは、その場にふさわしい服装の基準・規定のこと。

日本でも結婚式やパーティー、レストランやホテル、客船クルーズなどでドレスコードが指定されることがあります。

明確にドレスコードの指定がない場合は、その場に合わせて配慮した服装を心掛けましょう。

昼間なら少し控えめ、夜は少し華やかにといった感じに時間帯によっても変わってきます。

何を着ていくべきか悩んだときは、ホテルやレストランに直接問い合わせてもよいですし、一緒に参加する人や経験のある人に尋ねて、情報を収集しましょう。

■フォーマルには3つのドレスコードがある!
フォーマルと言うのは正式な礼装を意味していて、格式によって3つのドレスコードに分けることができます。

いずれも着物のスタイルでもOKですが、ここでは洋装の例を簡単に紹介しています。

・正礼装/フォーマル
最も格式が高いドレスコードがフォーマル(正礼装、正装)です。皇室行事など格式の高い式典などで求められます。

しかし、ここまで格式の高い服装はあまり着用する機会はありません、あるとすれば結婚式の新郎・新婦とその両親でしょうか。

女性のフォーマルの服装は、昼なら袖やスカート丈が長いアフタヌーンドレス、夜なら胸元や背中が開いたロング丈のイブニングドレスとなります。

・準礼装/セミフォーマル
フォーマルに準ずるドレスコードがセミフォーマル(準礼装)です。

結婚式、披露宴のお呼ばれ、入学式や卒業式に出席するなど、比較的求められるシーンが多いドレスコードです。女性はワンピースやスーツ、ドレスがセミフォーマルと言えます。

素材はシルクやウールなど高級感があるものが一般的です。

・インフォーマル/略礼装
インフォーマル(略礼装)はセミフォーマルよりも少し堅苦しくない、オシャレなワンピースやスーツがインフォーマルな装いと言えるでしょう。

カジュアルな結婚式やレストランウェディングに出席する場合に、インフォーマル程度でもOKな場合が多いです。

「平服で」という指定がある場合は、インフォーマルを指します。



■レストランやホテルでよく見るドレスコードとは?
フォーマルなドレスコードを指定する日本のホテル、レストランは多くありません。

その代わり、以下のようなドレスコードが使われることが多いです。

・スマートエレガンス
スマートエレガンスはフォーマルに近い装いです。インフォーマルやセミフォーマルなワンピースやドレスの中でも堅苦しくないようなものならOKでしょう。

カジュアルエレガンスよりドレッシーなイメージです。

・カジュアルエレガンス
スマートエレガンスよりも日常的な、カジュアルな服装です。ホテルや高級レストランで指定されることが多いドレスコードです。

ドレスというよりワンピースで、露出はあまり多くありません。

・スマートカジュアル
カジュアルよりもきちんとした服装がスマートカジュアル、と考えて良いでしょう。

デニムやスキニーパンツ、レギンスなどを避ければ大体OK。ワンピースはもちろん、ブラウスとスカート、パンツでもOK。

少し華やかに、きちんとしたオフィススタイルならその場に浮くことはなさそうです。

曖昧な表現が多いドレスコードですが、ひとまず種類だけでも覚えておくと、いざという時に準備しやすくなります。

大人の女性をスマートに演出するためにも、ぜひ覚えておいてくださいね!
 
 
(Minami)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP