TREND

横顔美人になるには鏡を使いこなすことがポイントだった

メイクやスキンケアのときなどに自分の姿をうつす鏡。日常的に使ってはいるものの、チェックするのは正面の姿ばかり、ということはありませんか? じつは、他人が見ているのは、横顔やななめからが圧倒的なのです。

とはいえ、手鏡だけで客観的に自分をチェックするのはむずかしいもの。三面鏡や拡大鏡などを使って、横顔美人に近づく方法を紹介します。

手鏡

? liza5450 - Fotolia.com



■昭和初期まで、日本に横顔美人が多かった理由とは
日常的に和服をまとい、日本髪を結っていた昭和初期までは、ごく自然に横顔や後ろ姿に気をくばっていたようです。

髪型や帯の結び方を工夫する必要があったことと、ハイライトやアイシャドーで顔の凹凸を強調するシェーディング技術も発達していなかったからです。身だしなみを整えるためには、さまざまな角度から鏡をのぞかなければならなかったそう。

戦後、急激に近代化が進み、手軽に着脱できる洋装が一般化して、重たいまげを結うこともなくなりました。すると、西洋式の姿見が重宝され、わが国の伝統的な三面鏡は減っていったといいます。

その結果、正面の顔は念入りに確認しても、ななめの角度や、後姿は忘れがちに…。着物や結髪文化の衰退とともに、横顔美人も少なくなってしまったのでしょうね。

■もっと、鏡を使いこなすには?
さてここで、質問です。現在、おうちには何枚の鏡がありますか? そして、化粧ポーチのなかには、どんな手鏡が入っていますか? 

洗面所の壁にはめこまれている、くもった小さな鏡と、パウダーファンデーションの付属のミラーだけ、ということはないと思いますが…。

即答できる人は、まだまだ少ないのではないでしょうか。化粧品の性能にこだわるように、美人になるための小道具として、鏡は大切なアイテムなのです。



銀座の高級クラブで活やくする夜の蝶が、以前、テレビ番組でこんな話をしていました。「お客様の視線は、横、斜め、後ろからがほとんど。日本人男性はシャイだから、まっすぐ顔を見る方は少ない」。

私も人からの視線を意識して鏡を見てみると…耳や襟足、もみあげなどの手入れがいきとどいていないことに気づきました。

大小さまざまな大きさの鏡をそろえて、シチュエーションに合わせて使いわけましょう。全身の大きさが確認できる姿見と大きめの卓上鏡、小さな手鏡の3種類があれば便利です。そして、余裕があれば三面鏡を使用する習慣をつけたいものです。

三面鏡があれば、左右の横顔や、斜めの姿が即座にチェックできます。1枚の鏡ではわかりにくい、あごのニキビやほうれい線がうつるので、ケアをするポイントがつかめるという利点もあります。

■拡大鏡の合わせ鏡にチャレンジ!
毛穴や、眉毛の際に生えている産毛まで、現実をくきやかにうつしだす拡大鏡。アイラインを引くときや、歯みがきのときに使うイメージがあります。

美意識の高い女性には、毎日のスキンケアの一貫に「拡大鏡の合わせ鏡」を取りいれていただきたいものです。拡大鏡を用いて合わせ鏡をした肌の状態は、近未来をあらわします。

まだ目に見えないミクロレベルのシミや毛穴の黒ずみ、肌のゆるみを冷静に残酷にうつしだします。現実にショックを受けることもありますが、ピンポイントでケアをする箇所がわかるので、スキンケアの参考にしてください。

ちなみに、合わせ鏡に使用するのは、3倍から5倍ほどの拡大鏡が適しています。倍率が高すぎるとぼやけますし、2倍では物足りないので、何種類か試しながら実践していきたいですね。
 
  
 
(有朋 さやか)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP