COLUMN

老け顔の原因No.1! しつこい目の下のクマ、タイプ別解消法


メイクでもなかなか隠しきれない、しつこいクマ。目の下のクマは、疲れた印象を与え、見た目年齢も大幅に老けさせてしまいます。クマには、その原因によっていくつかのタイプがあります。それぞれのタイプに合ったケアを行わないと、改善しないばかりか逆効果になってしまうことも。自分のクマのタイプをしっかり見極めて、適切なケアを行いましょう。

■睡眠不足やストレスによる「青クマ」
毛細血管が多く、皮膚が非常に薄い目元まわり。その血流が滞ると、血液中に新鮮な酸素が少なくなるため色が暗くなり、薄い皮膚を通して「青クマ」となってあらわれます。

「青クマ」の原因は、睡眠不足や目の疲れ、ストレス、ドライアイなど。特に、長時間のパソコンやテレビゲームなどの使用は、目を酷使することによって肩や首がこり、顔全体の血行不良を引き起こしてしまいます。

「青クマ」のケアは、血液の流れをよくすることがポイントです。目元をホットタオルで温めると、目の周りの血行を促進することができます。また、しっかりと睡眠をとることも大切です。

目の下のマッサージも効果的ですが、強くこするとかえってクマやシワを引き起こすことにもなりかねません。ローションやクリームを使い、優しく行ってください。

■メラニン色素の沈着による「茶クマ」
メラニン色素の沈着によるシミやくすみが茶色いクマとなってあらわれるのが「茶クマ」です。

「茶クマ」の大きな原因が、クレンジングやスキンケア時の肌への強い摩擦。普段から目をこする癖のある人や、皮膚の弱い人も、この「茶クマ」になりやすい傾向にあるようです。

「茶クマ」には皮膚に刺激を与えるマッサージは逆効果です。メイクオフの際もゴシゴシこすらず、アイメイクは専用のクレンジングで優しく落とすようにしましょう。

また、紫外線は「茶クマ」の色素沈着を進ませ、クマを濃くしてしまいます。日頃から目元のUVケアをしっかりと、さらにビタミンCなどの美白ケアを行うようにするとよいでしょう。

■シワやたるみによる「黒クマ」
目元の皮膚は年齢とともに薄くなっていくため、目の下のたるみを引き起こします。そのたるみやシワが皮膚に凹凸を作り、その影が暗いクマのように見えるのが「黒クマ」です。

もともと目が大きい人や、目の下の脂肪が多い人は、この「黒クマ」になりやすい傾向にあるようです。

「黒クマ」解消には、まず目元の保湿を。乾燥により小じわが増えると、クマをさらに濃く見せてしまいます。

むくみを解消するためのマッサージなども効果的です。目元だけでなく、冷え対策など、全身の代謝アップに心がけましょう。

また、クマを今すぐ消したい! というときに活躍するのがコンシーラー。「青クマ」にはオレンジ系、「茶クマ」にはイエロー系の色を選ぶと効果的です。元々の肌に比べて色が明るすぎると、かえってクマを目立たせることになってしまうので注意しましょう。
(加藤朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP