TREND

イタリア人に学ぶ “寝る前の10分間”で人生を変える方法

女友だちの家でハリウッド映画を見ていたとき、寝る前の十数分にベッドの中でコーヒーを飲むシーンが流れました。


(c) Ivan Kruk - Fotolia.com



ベッドは寝るための場所でしょ、コーヒーとか飲むのってどうなの? とつっこんだところ、『偏見だな〜。私は寝る前にベッドでストレッチする。なかなかいいわよ』という答えが。

ちょいぽちゃ→ナイスバディに大変身したことのある彼女からそう言われ、ギャフンとなったのを覚えています。

ここイタリアでも、一日でいちばん「素の自分」に戻れる時間を使って、何かしらブラッシュアップしている人ほど、充実した生活を送っているようです。

ここでは、そんな彼らが実践した「寝る前の時間の活用方法」についてご紹介します。


1. 10分間の腹筋チャレンジ
2年前に結婚した自営業の知人女性は「結婚式のウェディングドレスをなんとなく着てみたら、まったく入らなかった」ことにショックを受け、ダイエットをスタート。

食事制限と軽いジョギングだけで少しずつ体重を減らしたのですが、3キロ痩せた時点でそれ以上サイズも体重も変わらなくなってしまいました。

ジムに入会してみても、仕事の都合で思うように通えず2か月で解約。「ジョギングもサボりがちになってた。ある日お気に入りのデニムをはいたら、ファスナーが上がらなくなっていたの」と、リバウンドしてしまったそうです。

「運動するためだけの時間を長時間作るのは、仕事柄難しい。家に帰るとバタンキューだしね。気合だけでは続けられないわ」と、一日の生活のリズムをまず記録するところからスタート。

すると「寝る前の時間が一番、誰にも邪魔されない。この時間帯なら集中できそう」と気づき、10分間だけ腹筋を鍛えることにしました。

「短い時間でいいから毎日やること」を目指し、3か月間ひたすら頑張った結果「ウエスト-15センチ」に。

仕事柄悩まされていた腰痛も解消し、以前よりも活動できるエリアが広がったといいます。「今では腹筋が寝る前の習慣よ。最初鼻で笑っていた夫も、今では一緒に筋トレしてから寝るわね」と語っていました。



2. ぬり絵で頭をリフレッシュ
デザイン関係の仕事をしている知人男性は、数年前に自分のミスでプロジェクトを大幅に変更するハメになったことがあります。

「人生であれほど落ちこんだことはない」と、長期にわたってスランプに落ちてしまいました。家に帰っても仕事とプライベートのスイッチをうまく切り替えられず、体調を崩しがちだったそうです。

そんな彼を復活させたのは、クリスマスの日。

「姉夫婦の家でパーティをした。彼らがディナーの用意をしている間姪っ子の相手をしたのがきっかけだよ」と語る彼。そのときにふたりが一番熱中したのがぬり絵でした。

「色鉛筆で好きなようにぬっていくのが楽しくてね。子供のころにかえったみたいだった」と、思わず熱中してしまったそうです。

家に帰ってから本棚のマンガを引っぱり出し、1ページだけ色鉛筆でぬってみたところ「色を選ぶ、自分の手を動かす、配置やバランスを考える。単純に見えるけれど、ちゃんと考えないと気に入った仕上がりにはならない」と、ぬり絵の奥深さに気づいたといいます。

それをきっかけに「寝る前10分間だけベッドでぬり絵をする」ことを習慣づけたところ、「無心になれるから、頭がリフレッシュできる。寝つきもよくなった」と効果を実感。

おかげで1か月ほどでスランプから脱出し、以前よりも順調に仕事を回せるようになりました。

今はさらに「起きて歯を磨いている間、昨夜ぬった絵を眺める。この色は仕事のあの部分で使えるな、ここで応用できるな…と、アイデアがわいてくるよ」と朝もぬり絵を活用しているとか。


「眠っているときに体は作られる」と言いますが、それは心に対しても言えるのかもしれません。

寝る前の短い時間、体や頭にちょっとした刺激を与えることが、身も心もブラッシュアップする秘けつのようです。イメージした自分に変身できるよう、できることから始めるのもよさそうですね。
 
 
 
(金丸 標)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP