COLUMN

1年でもっとも疲れてる秋の頭皮、美髪を取り戻すためにすべきこと


夏のダメージと秋の乾燥で、今の季節の頭皮はとてもお疲れモード。秋は1年のうちでもっとも抜け毛が多く、その量は春の約3倍ともいわれています。

1年でもっとも疲れてる秋の頭皮、美髪を取り戻すためにすべきこと

1年でもっとも疲れてる秋の頭皮、美髪を取り戻すためにすべきこと



お疲れ頭皮を放置しておくと、これから冬に向けて、髪のパサつきや頭皮のかゆみなどのトラブルを招いてしまうことに。いまの時期にきちんとケアをして、健康な頭皮と美しい髪をキープしましょう。

■シャンプー前の一手間で髪が見違える!?
ヘアケアの基本といえばシャンプー。でも、その前にケアをプラスすることで、髪と頭皮の状態をぐっとよくすることができるのです。

美しい髪をつくるのに必要なのは、健康な頭皮。その頭皮の血行促進に効果的なのが、シャンプー前のマッサージです。

爪を立てないように注意しながら、指のお腹を使って生え際から頭頂部へ向かって、頭皮を上へ引き上げるように小さな円を描きながらマッサージ。耳の上あたりからも同じように行います。

また、マッサージと同時にシャンプー前におすすめなのが、丁寧なブラッシングです。頭皮の血行を良くしてくれるのに加えて、髪についたホコリなども落とすことができるので、その後のシャンプーの洗浄効果を高めることができます。

■美髪のために大切なシャンプー選び
「シャンプーは洗浄力が高いほどよい」と考えている人は、意外に多いかも。もちろん汚れをしっかりと落とすことは大切です。

でも、シャンプーの洗浄力が高すぎると頭皮に必要な皮脂まで落としてしまい、ダメージを加速させてしまうことに。

おすすめは、刺激の低いアミノ酸系シャンプーです。髪より頭皮を洗うようなイメージで、力を入れすぎて頭皮を傷つけないように気をつけましょう。

また、シャンプーを髪につける前には、お湯でしっかりと予洗いを。髪の汚れは、お湯だけでも8割ほどは落ちるといわれています。しっかりとお湯で洗っておくことで、その後のシャンプーの量が少なく済み、洗いすぎて必要な皮脂まで落とすこともなくなります。
 
 

■食生活でも髪は変わる!
美しい髪を作るには、ヘアケアだけでなく体の中からのケアも大切。バランスのよい食生活を心がけるとともに、髪や頭皮に効果的な栄養素を積極的にとるようにしたいですね。

まずは、髪の新陳代謝を高めるといわれるビタミンB群。髪によい食品として知られている海藻類をはじめ、レバーや牛乳、納豆、玄米などに多く含まれています。

また、健康な髪を育てるのに欠かせないのがタンパク質。納豆や豆腐などの大豆食品、サンマやイワシなどの魚介類、チーズや卵などがおすすめです。

髪のうるおいを保つためにはミネラルを。中でも牡蠣や豚レバーなどに多く含まれる亜鉛は、不足すると髪のパサつきを悪化させてしまうため、意識してとるようにしたいですね。

■ダメージヘアの意外な原因 目を使いすぎると抜け毛が増える!?
しっかりヘアケアをしても、抜け毛が多かったり髪がパサついたり…。その原因は、もしかしたら日常生活の中にあるかもしれません。

髪の毛を作る働きがある栄養素の1つが、メチオニンという必須アミノ酸です。

でも、このメチオニンは、目が疲れたりアルコールをとりすぎたりすると体の中でどんどん消費されて、髪に回ってこなくなってしまいます。

髪のためにもパソコンやスマホなどで目を酷使しないよう気をつけ、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。
 
 
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP