COLUMN

ダイエット中でも食べれる! 話題の ロースイーツの魅力に迫る


あなたは、「スイーツ」という言葉を聞いてどんなものを思い浮かべますか。

大人気のパンケーキ? それともチョコレート? 

ダイエット中でも食べれる! 話題の ロースイーツの魅力に迫る

ダイエット中でも食べれる! 話題の ロースイーツの魅力に迫る


(c) nata_vkusidey - Fotolia.com



「甘いものは食べたいけれど、ダイエット中だからおやつは食べないようにしている…」という方もいるかもしれませんね。

じつは、今「ロースイーツ」という新しいスイーツが浸透しつつあります。そこで、話題のロースイーツの魅力に迫ります。

■ロースイーツとは?
小麦粉、卵、乳製品、白砂糖を一切使用せずにつくられた、生の(Raw)スイーツのことです。

ロースイーツの食材は、48度以下で調理するため、生きた酵素をそのまま摂取することができます。ニューヨークやロサンゼルスなどの健康意識の高い人たちから世界中に広がったようです。

■どんな材料でつくるの?
ローフード(Raw Food)の原理にもとづいてつくられ、材料は野菜、フルーツ、ドライフルーツ、ナッツ、発芽した豆などです。

甘さを出すために、40度以下で低温殺菌したローハニー(生はちみつ)、アガペシロップ、ココナッツネクター、甘酒、デーツなども使われます。
 
 

■ロースイーツの魅力とは?
一番の魅力は、白砂糖を使用していないことです。

アメリカで「持続可能な農業」や「オーガニック農法」の重要性を説いてきたJ.I ロデール博士は、「白い砂糖は、リウマチ、動脈硬化、小児麻痺などの原因になる。この毒物は地上から一掃したほうがいい」という見解を示しています。

白砂糖は、ほかの学者からも、「必要な栄養素がない」「体を冷やす」「カルシウムを失う」と指摘されているのです。

市販のお菓子や炭酸飲料水には、たくさんの白砂糖が使用されているため、ロースイーツは、ダイエット中や健康志向の女性の強い味方だと言えるでしょう。

さらにロースイーツは、ベジタリアンや、卵や小麦粉のアレルギーを持つ方でも、おいしく食べることができます。

東京都内でも、たくさんのロースイーツ専門店が登場していて、人気を集めていますので、ぜひ、そのおいしさを体感してみてくださいね。
 
 

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP