TREND

イライラや眠気は目元のコリが原因? 疲れ目を解消する3つのツボ

毎日のデスクワークにストレスを感じている人もいるでしょう。肩や腰の痛み、足のむくみなど、デスクワーク特有の悩みやストレスはありますよね。

デスクワークの女性必見! 眼精疲労を改善する方法

デスクワークの女性必見! 眼精疲労を改善する方法


(c) Yeko Photo Studio - Fotolia.com



その中でも頭に近い部位である「目」の疲れは、イライラを高める要因になるもの。少しでも疲れ目を解消するために、眼精疲労に有効なマッサージ方法をご紹介します。

■目の周りをマッサージしよう
自覚症状がなくても、実は目がこっているということは多くあります。休憩時間や隙間時間を利用して、目の周りをほぐすようにマッサージしましょう。

目の周りにもいくつもツボがあります。ここでは眼精疲労に効果的なツボをピックアップしてみました。

・晴明(せいめい)
目頭と鼻の付け根部分の間にあるツボ。指の腹部分を使ってゆっくりと押し込むようにマッサージしましょう。

・承泣(しょうきゅう)
瞳の真下にあり、くぼんでいる部分が承泣です。

・太陽(たいよう)
意外と知られていない太陽というツボは、眉毛と目尻の端から指2本分くらい外側に位置する、くぼんでいるところです。こめかみ周辺を押すと、このツボを見つけやすいと思います。
 
 

■マッサージの基本は? 
目の周りのマッサージ方法の基本は、指の腹を使って優しく傷つけないように押さえることです。

とてもデリケートな場所なので、強く押し過ぎないように気をつけてくださいね。コリを感じていたとしても、最初はなるべく優しく押して、慣れてきたら少しずつ強く押し込むようにしましょう。

爪を立てないことを意識して、日頃の疲れをいやすようにしてくださいね。

■目が疲れにくい環境を整えておこう
パソコンでの作業時間が長いと、どうしても目への負担が大きくなってしまいますよね。少しでも疲労をためないように、ディスプレイや周辺の明るさなどにも配慮しておきましょう。

パソコン用メガネを愛用している人もいると思いますが、自分に合わない眼鏡だと逆に目が疲れるおそれがあります。

自分に合った環境、アイテムを使うことが、目への負担をおさえるコツと言えるでしょう。

目が疲れるとイライラしやすくなったり、まぶたが重くなって眠気が襲ってきたりしますよね。何より、目ヂカラがなくなってしまい貧相な目元になってしまいがち…。

疲れ目のツボは他にもたくさんありますし、目元だけでなく首周辺のツボを押すのも効果的です。

毎日のデスクワークに疲れている人には、ぜひ試してもらいたい簡単なマッサージ方法。気持ちのいいツボ、眼精疲労に効くツボを見つけて、日課の1つにしてみてはいかがでしょうか。
 
 
(RUREI)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP