BEAUTY

カンタンだから続けやすい 手づくり酵素でピカピカ美肌を手に入れよう!

体の代謝や消化を助け、健康と美容によいとして知られている酵素。優れた抗酸化作用を持ち、美肌、アンチエイジング、ダイエットと嬉しい効果がたくさんあります。

カンタンだから続けやすい 手づくり酵素でピカピカ美肌を手に入れよう!

カンタンだから続けやすい 手づくり酵素でピカピカ美肌を手に入れよう!


(c) liza5450 - Fotolia.com



生野菜やフルーツに多く含まれる酵素ですが、そのパワーをもっと凝縮して取り入れたいなら、手づくり酵素がおすすめ。野菜やフルーツを発酵させて、自宅でカンタンに酵素シロップを手づくりしてみましょう。

■酵素の美容効果とは? 
酵素は主にタンパク質で成り立ち、食べ物の消化・吸収や皮膚の新陳代謝、老廃物の排出など、体の働きに大きく関わる物質です。

食事で取り入れた栄養をエネルギーに変えることができるのも、酵素の働きがあるから。

さらには腸内環境の改善や抗酸化作用により、美肌、美白、デトックス、冷えや便秘の改善と、美容とアンチエイジングに嬉しい効果がたくさんあるのです。

酵素にはさまざまな種類がありますが、体の中で代謝や消化を助ける「代謝酵素」と「消化酵素」、それに食物に含まれる「食物酵素」の3つに分けられます。

ただ、体の中で作られる酵素には限界があるため、美容効果を狙うためには食べ物から上手に摂取することが重要です。
 
 

■手づくり酵素のメリットとは
酵素を多く含む食べ物としては生野菜やフルーツがあげられますが、そのパワーをもっと効率よく取り入れるには、手づくり酵素がおすすめ。

手づくり酵素は、生の野菜やフルーツを砂糖と一緒に漬け込んで、酵素ジュースをつくります。野菜やフルーツに含まれる酵素がギュッと凝縮され、保存性も高いので、まとめて作っておけば日常生活で手軽に酵素をとるのにピッタリ。

また、酵素ジュースを作るときには手でかき混ぜるので、手の表面の常在菌(善玉菌)を一緒に取り込むことができます。

さらに、発酵が進むにつれて乳酸菌が増加し、腸内環境を整えて肌の調子をよくしてくれるなどの効果も期待できます。

■自宅でカンタン! 酵素ジュースのつくり方
用意するものはお好みの野菜や果物、砂糖、ガラスやプラスチックの容器です。容器は発酵の状態が分かりやすい透明のものを使いましょう。

野菜やフルーツは皮をむかずに使うため、無農薬のものを選びましょう。おすすめは、リンゴやキウイ、ミカン、ニンジンなど。慣れるまでは素材をミックスさせずに1つの素材で作る方がおすすめです。

  1. 野菜やフルーツを刻み、素材の1.1倍の砂糖と一緒に清潔な容器の中に入れます。素材、砂糖の順に交互に層になるように入れ、最後に砂糖を全体を覆うように入れます。


  2. 容器のふたは完全に閉めずに少し開け、直射日光を避けて20〜25℃くらいの室内に置きます。


  3. 1日1〜2回、空気に触れるように大きくかき混ぜます。はじめの数日間は砂糖が容器の底にたまりやすいので、とくにしっかり混ぜるようにしましょう。また、手は必ずキレイに洗って清潔に。


  4. 発酵が進むと、素材が上に浮いて、かき混ぜるとシュワシュワとした泡が出てきます。この状態になったらザルやガーゼなどを使って漉しましょう。このとき絞ってしまうと雑味が出やすいので注意。


使用する材料や温度などにもよりますが、完成までは大体10日から2週間くらい。できあがった酵素ジュースは清潔なビンなどに移して冷蔵庫へ。そのまま1〜2ヵ月は保存OKです。

■手づくり酵素のおすすめアレンジ
手づくりした酵素ジュースはそのまま飲んでももちろんOKですが、水や炭酸水で割るとサッパリした味わいに。また、オリーブオイルと塩、レモン汁と合わせれば、ヘルシーなドレッシングに早変わり。

酵素ジュースを漉したあとのフルーツも、そのまま捨ててしまうのはもったいない! ヨーグルトなどに入れて食べてもよいですし、フードプロセッサーでペースト状にすれば、美味しいジャムになりますよ。

また、おすすめなのが酵素風呂。酵素ジュースを漉したあとのフルーツを布製の袋に入れて湯船につければ、自宅のお風呂が酵素風呂になります。

酵素ジュースによる体の中からの美容効果に加えて、お風呂で体の外からも美肌になれそうですね。
 
 
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP