BEAUTY

夏痩せ後のリバウンド防止に! やっておきたい3つのコト

暑い夏の間、食欲が落ちたり夏バテ気味だったりで、体重が落ちたという人も多いかもしれません。「楽に痩せられてラッキー」と思うかもしれませんが、夏痩せすると、体力や筋力がかなり落ちてしまいます。

夏痩せ後の恐怖のリバウンド 徹底的に防ぐコツとは

夏痩せ後の恐怖のリバウンド 徹底的に防ぐコツとは


(c) Pixelbliss - Fotolia.com



秋に涼しくなって食欲が戻ってくると、待っているのは恐怖のリバウンドです。あっという間に体重が戻るどころか、以前よりも太ってしまった、というケースも多いもの。

せっかく体重が落ちたなら、それはしっかりとキープしたいですよね。

■タンパク質&ミネラルを積極的にとる
夏の間、暑さで食欲がないからと口当たりのいいものばかりを食べていると、栄養が偏り消化機能も弱ることに。

秋になって食欲が戻り、「夏痩せしたから少しくらい食べても大丈夫」と、つい食べ過ぎると、リバウンドに加えて胃腸にも負担をかけてしまいます。

夏痩せのリバウンドを防ぐ基本は、バランスのよい食生活。中でも代謝アップに役立つタンパク質や、夏の間失われがちだったミネラルを積極的にとるようにしましょう。

おすすめは、豆腐や納豆などの大豆食品やチーズ、鶏のササミや豚ヒレ肉など。肉は、揚げたり焼いたりするよりも、蒸したりゆでたりする方が低カロリーです。

また、ミネラルを豊富に含むのは海藻類やキノコ類です。ミネラルと同時にビタミンも摂取できるフルーツを朝食にプラスするのもよいですね。
 
 

■カンタン筋トレで筋力回復
夏痩せがリバウンドしやすい大きな原因は、筋力の低下です。筋力の低下は代謝の低下に直結するため、脂肪がつきやすく痩せにくい体質になってしまうことに。

夏バテしている間はよくても、秋に食欲が戻ると「少しの食事でもすぐ太ってしまう」ということになりかねません。
夏痩せで落ちた筋力を取り戻すには、軽めの筋トレを行うのがおすすめ。とくに効率的なのがスクワットです。全身の筋肉の6〜7割は下半身にあるといわれ、それを鍛えることができるスクワットは、まさに理想の筋トレ。

足を肩幅に開いて立ち、お尻を後ろにつきだすようにしてゆっくりと膝を曲げます。このとき、膝がつま先より前に出ないように注意。太ももが膝と平行になったら1秒キープして、その後ゆっくりと膝を伸ばしていきましょう。

はじめは1日10回を目標に、慣れてきたら10回を1セットとして2〜3セット行うようにしましょう。

■サプリの力でリバウンドを防止
食事だけで補いきれない栄養素は、サプリメントの力を借りるのもおすすめです。とくに「夏の疲れがまだ残っているかも…」と思ったら、α(アルファ)リポ酸やカルニチンのサプリを取り入れてみては。

αリポ酸は糖をエネルギーに変える「補酵素」としての役割を持ち、カルニチンは脂肪の燃焼を助ける働きがあります。

これらの栄養素はもともと体内にある成分ですが、夏の間は分泌が滞りがちなため、サプリで補うことで効率よく体の代謝アップを目指すことができます。

夏痩せ後につきものといわれるリバウンド。でも、リバウンドを繰り返すほど体は痩せにくくなってしまいます。落とした体重をキープするために、油断せずしっかり対策しておきましょう。
 
 
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP