COLUMN

パックリ毛穴もメイク崩れも解消! 冷やし美容法


毛穴の開きやメイク崩れなど、夏に多いトラブル解消におすすめなのが、冷やし美容です。

冷やし美容には、引き締め効果で毛穴を目立ちにくくしたり、汗をおさえてメイク崩れを防いだり、という嬉しい効果がいろいろ。

パックリ毛穴もメイク崩れも解消! 冷やし美容

パックリ毛穴もメイク崩れも解消! 冷やし美容



でも、ただ何でも冷やせばいい、というわけではありません。やり方を間違えると、美容成分が全然肌に浸透しない! なんていうことにも。

夏におすすめの冷やし美容のコツを、しっかりマスターしておきましょう。

■メイク前に肌を冷やしてシャキッと引き締め
夏は毛穴も開きやすく、暑さや汗でメイクも崩れがちに。朝メイクをする前には、肌を冷やして引き締めておきましょう。

まず氷水で冷やしたタオルを用意し、洗顔後の肌にあてます。タオルがぬるくなってきたら再度冷やし、3〜5分くらいを目安に続けます。

暑さで開いた毛穴やベタついた肌がキュッと引き締まり、メイクのノリもよくなります。また、肌を冷やすと、肌の温度が下がりすぎないようにするため血流がアップし、新陳代謝を促進してくれるんだとか。

メイク中は冷やしタオルを首の後ろにあてておくのもおすすめです。汗をおさえ、ベースメイクの崩れを防いでくれますよ。

■ほてった肌はミスト化粧水でクールダウン
日中のほてった肌には、ミスト化粧水が活躍します。暑さで肌の皮脂が浮いてきたり、メイクがヨレてしまったりしたら、ミスト化粧水をシュッと一吹きしてみましょう。

このとき気をつけなければいけないのが、肌についた化粧水をそのままにしないこと。肌の上に水分が残っていると、蒸発して乾燥を招いてしまいます。

ミスト化粧水をつけたあとはティッシュで軽くおさえ、余分な水滴を取っておきましょう。

メイク直しをするときは、ミスト化粧水のあと、何もついていないキレイなスポンジで崩れた部分をおさえ、乳液を少しなじませてからファンデーションを塗ります。

肌がベタつきがちな夏も、朝メイクしたての肌を取り戻すことができますよ。
 
 

■保冷剤を使って美肌&小顔に
夏の美容アイテムとしてお役立ちなのが、保冷剤です。ケーキやアイスを買ったときなどについてくる小さめサイズの保冷剤で、美肌&小顔ケアがおこなえるんです。

入浴後は、化粧水や乳液でスキンケアをしたあとに、保冷剤を使って肌を引き締め。

また、口元などたるみが気になる部分には、保冷剤をあてて、数ミリ引き上げて5秒ほどキープ。

毛穴と同時に、フェイスラインの引き締めで小顔効果を狙いましょう。

保冷剤を使うときは直接肌にあてず、タオルやハンカチに包んで使うようにしてくださいね。

■化粧水を冷蔵庫で冷やすのはNG!? 
夏の冷やし美容で多く聞かれるのが、「普段使っている化粧水を冷蔵庫で冷やす」というもの。

たしかに冷やした化粧水はつけると気持ちよく、肌も引き締まるような感じがしますよね。

でも、化粧水は冷やしすぎると成分が凍って結晶になってしまうことがあります。そうなると、せっかくの美容成分が劣化してしまい、肌につけても効果ナシ、なんてことにも。

もちろん気温の高い場所に置いておくのはダメですが、化粧水は、冷蔵庫ではなく、屋内の涼しい場所での常温保管がよさそうです。
 
 
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP