COLUMN

お酢パワーで夏バテ防止!簡単にできるカラフルピクルス


外はうだるような暑さで、室内は冷房で冷え冷え。その温度差に、体はぐったりで食欲もなくなり、夏バテしやすい季節です。

そんな時に、疲労回復効果もあるお酢をたっぷり使ったピクルスはいかがでしょうか。調味料もたったの2つで簡単に作れて、常備菜としてもおすすめです。

お酢パワーで夏バテ防止!調味料2つのカラフルピクルス

お酢パワーで夏バテ防止!調味料2つのカラフルピクルス



切った野菜を、寿司酢とピクリングスパイスで漬け込むだけの簡単レシピです。あまりなじみのないピクリングスパイスですが、大きなスーパーなどでは意外と売られています。

このピクリングスパイスを、ほんの少し入れるだけで、いとも簡単に本格的なピクルス風味になるので、ぜひこの機会に試してみて下さい。


カラフルピクルス(作りやすい分量)
・きゅうり…1本
・セロリ…1/2本
・パプリカ赤・黄…各1/2個
・寿司酢…100ml
・ピクリングスパイス…小さじ1/2



  1. きゅうりとセロリは、1.5cm幅に、パプリカは2cm角に切る。

  2. 熱湯消毒した保存瓶に、寿司酢、ピクリングスパイスを入れてよく混ぜたら、1の野菜を入れて軽く和え、冷蔵庫で味がしみるまで漬けたらできあがり。


※熱湯消毒した保存瓶に入れて冷蔵庫へ入れておけば、かなり長く日持ちします。

調味料に漬け込んで2〜3時間ぐらいで味がしみこみ美味しく頂けますが、一晩おくとさらに味がしみて美味しく頂けます。

この時期、夏野菜であるズッキーニやみょうが、ゴーヤなどを入れてみても季節感のあるピクルスがつくれていいですね。

お酢やレモンに含まれるクエン酸には、食欲増進効果や疲労回復効果があるといわれています。暑さのせいで減退気味の食欲や、疲れた体には積極的に摂取したいものです。

また、このピクルスにレモン汁を足したり、食べる時にひと絞りするのも、クエン酸のダブル使いで、爽やかさもアップしておすすめです。

夏の疲れた体にとっても嬉しい即席ピクルス。冷蔵庫に常備しておいて、さっぱりしたものが食べたいときや、疲れたときにちょっと食べて、夏バテを予防したいですね。
 
 
(山本 リコピン)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP