COLUMN

たったひとつだけ。第一印象をガラリと変える方法


合コンや婚活、友人からの紹介などで大事なことと言えば、「第一印象」。初めて見たときに感じた印象で、そのひとに対する見方や接し方が決まり、その後の関係性にも影響をあたえると考えると、どうにかしてよいイメージを与えておきたいところ。



笑顔を心がける、メイクを研究するなどで第一印象をよくすることもできますが、よく見せようと演出すればするほど、第一印象とのギャップにのちのちショックを受けられてしまう可能性も…。

とりつくろった印象ではなく、あなたの本質をいかして、相手に与えるイメージをよくする方法を考えてみましょう。

今回は、ちょっとした方法で相手に与えるイメージをガラリと変える方法を紹介していきます。


■順番を入れ替えるだけで印象が変わる
自己紹介をするとき、自分の趣味や特技、特徴などを相手に伝えますよね。あなたはどんな風に自己紹介をしていますか?

例えば、以下の例文をチェックしてみてください。

A:「私、家庭的で料理とかに自信があるんですけど、ちょっと嫉妬深いんです」

B:「私、ちょっと嫉妬深いんですけど、家庭的で料理とかには自信があるんです」

AとBの内容は同じですが、前後の文章を変えています。2つの文章を読むと、前者の方がよいイメージを抱きやすいのではないでしょうか。



■最初に与えられたイメージをインプットする
なぜ前者の方がよい印象を抱くのかというと、ひとは最初に与えられた印象やイメージが強く残る傾向があるからです。

あとから「嫉妬深い」というデメリットを伝えたとしても、長所である「家庭的」「料理に自信がある」というポイントが先に印象に残っているので、それほど悪い印象を抱くことはありません。

逆に後者の方はマイナスの要因のイメージが強くなってしまい、あとからフォローの言葉を加えても、第一印象は前者ほどよくないものになってしまいます。


■いろいろなシーンで活用!
言葉を入れ替えるだけで、相手に与えるイメージがガラリと変わるということがわかれば、あとは実践あるのみ!

自分の長所や特徴などをしっかりと把握して、先によい要素を伝えることを意識してみましょう。


この方法をマスターしておけば、合コンや婚活などはもちろん、就活やひとづきあいなどでも活用できると思います。

いろいろなシチュエーションで使える話術なので、自己紹介をしたり、相手によいイメージを与えたいときにはぜひ使ってみてください。
 
 
(RUREI)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP