COLUMN

同時進行で彼を焦らせ、幸せを掴む「ハーフ・ハーフの法則」って?


大人になってから、学生とは違い、恋愛における変化があるとすれば、なんだと思いますか? 答えは「出会いが減る」です。

同時進行で彼を焦らせ、幸せを掴む「ハーフ・ハーフの法則」って?
学生時代は、クラスにはもちろんバイト先や合コンやナンパ……とにかくいろんな出会いが加速度的にやってきました。しかし社会人になると、とたんに出会いが減ってしまいます。朝から夜まで……アクティブに動く元気もなく、家に帰って寝るだけ。

さて出会いが減ると、人はどうなってしまうか……その1つ1つの出逢いを大切にするようになります。その大切にする考えは大変素敵ですが、ちょっと見方を変えると、1つの出会いに固執してしまうのです。

そのため、焦って行動してしまい身体だけの関係になったり、連絡もないまま終わってしまったり……。

出会いを大切にする考えは持ち続けて欲しいのですが、ほんの少しだけ視野を広げた考え方をすると、もっと出会いを有効的に活用できるようになります。それが『ハーフ&ハーフの法則』です。

例えば、いま「ちょっといいな」と思う男性がいたとしましょう。きっと、多くの人は今のこの“ちょっといいな”をとても大切にすると思います。それ自体は間違っていませんが、そのときいろんな出会いを排除していませんか?

例えば友人から「合コンのメンバー足りないから参加してくれない?」という誘いも断り、知り合って間もない人に食事に誘われても断る……という具合に、今を大切にするあまり、視野が狭くなっている状態です。

気になる相手への想いを半分、そして、もう半分は新しい出会いをして欲しいです。「二兎追うもの一兎も得ず」なんてことわざがあるから、そんなことしたらどちらもダメになりそうと思いますか? それは、どちらも同じだけ美味しい思いをしようとするからです。

気になる相手や狙っている相手との関係がうまく進めば良いのですが、うまくいかない場合どうします? ポイントは「とりあえず」の気持ちを大切にする。

全てにおいてガツガツするのは、まさに二兎追うもの……です。新しいものに対しては「とりあえず」で参加したり、誘われた食事へ行きましょう。

年齢が重なると、どうしても「結婚」の文字が現実味をおびてきてしまうため、女性は焦りが出ると、やっぱり男性も気づいてしまいます。まして、恋人になる前の微妙な関係の場合はとくに……。

心を一点に絞ると、心に余裕がなくなってしまいます。まだ、関係が温まっていないときは、視野を出来るだけ広げ、あなた自身が出会いそのものを楽しむようにしましょう。そうすると、相手との関係はどう変わっていくと思いますか?

他にもあなたを狙っていると感じることで、相手が焦るようになります。そして何よりも、あなた自身が日々の出逢いを楽しめるようになり、人が自然と集まる女性になります。

ハーフ&ハーフの法則で、焦って恋をするのではなく、楽しみの中から生まれる恋を味わってみてくださいね!
(片瀬 萩乃)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP