COLUMN

甘いものが苦手な彼にも喜ばれる「オトナのコーヒーゼリー」


子供の頃、コーヒーは大人の飲み物だったが、これがゼリーになると一気に子供の食べ物へと変貌した。ゼラチンや寒天で固めただけなのに、なぜ一気に子供向きな食べ物になるのだろう。

そう思うと、コーヒーゼリーというのは実に不思議な食べ物である。因みに全然関係ないけど、最近、ブラックコーヒーをキンミヤ焼酎で割って飲むのにはまっている。酒とコーヒーは意外にも相性がいいのだ。やっぱりコーヒーは大人の飲み物だ。そんなわけで、今日は普段は子供向けなコーヒーゼリーも、大人向けにアレンジ!



■オトナのコーヒーゼリー


(プリン・ゼリー用カップ 5個分)
・ブラックコーヒー 500ml
★アガー 15g
★きび砂糖 大さじ3
・牛乳 300ml
☆アガー 8g
☆きび砂糖 大2
◎メープルシロップ 大1
◎ブランデー 大1


1.ブラックコーヒーは、インスタントではなくぜひドリップして入れてください。全然仕上がりの味が違います。



2.ボウルに★を入れてよく混ぜ合わせておく。



3.2に1を少しずつ注ぎながらその都度よく混ぜる。だまにならないように混ぜたら、小鍋に移す。これを混ぜながら中火にかけて沸騰したらごく弱火にする。その間も絶えず混ぜ続ける。弱火にしてから2分ほど、混ぜながら煮てしっかりアガーを溶かす。



4.3を火からおろし、荒熱が取れたら容器に入れる。容器の2/3弱くらいの高さまで入れる。
これを冷蔵庫で冷やす。




5.30分ほどすると4の表面が固まってくるので、固まったのを確認したら今度はミルクゼリー部分を作る。またボウルに☆を入れてよく混ぜる。



6.5に牛乳をを少しずつ注ぎながらその都度よく混ぜる。だまにならないように混ぜたら、小鍋に移す。これを混ぜながら中火にかけて沸騰したらごく弱火にする。その間も絶えず混ぜ続ける。



7.火からおろしてメープルシロップとブランデーを入れてよく混ぜる。そのまま少し置いて粗熱が取れたら、これを表面の固まったコーヒーゼリーの上に入れる。またこれを冷蔵庫に入れ、半日ほどしっかり冷やし固めて完成!



アガーとは海草の一種だが、寒天の様にしっかり硬く固まらず、寒天とゼラチンの間のような食感になる。しかも海草なのでノンカロリーなのもウレシイ。



メープルとブランデーがほんのり香る、ミルキーなゼリー部分と、しっかり香りのよいドリップコーヒーのゼリー。
オトナな味わいだ。これはこのまま1個300円くらいで売り出したらどうだろうか。カンタンなのでぜひみなさんもおためしあれ〜
(ミットゥン)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP