COLUMN

夜食べると太る、本当の理由とは!?


「夜遅くに食べると太りやすい」とよくいわれていますが、その本当の理由を知っていますか? 太る理由は「食べてすぐ寝るから」=「寝る時間を遅くすれば大丈夫」というわけではないのです。

「夜食べると太る」理由としてよく知られているのが、「摂取したカロリーを消費しきれず脂肪になってしまうから」というもの。

確かに、夕食後はさほど体を動かさないまま寝てしまうので、食事でとったエネルギーを消化することができません。

では、夕食を夜遅く食べたとしても、そのあと寝るまでに十分な時間をとったり、運動したりすれば太らないのでしょうか。実はそうではありません。

「夜遅く食べると太る」メカニズムには、私たちの体内にある「BMAL1(ビーマルワン)」という物質が大きく関わっているのです。

私たちの体の中には体内時計があり、睡眠のリズムや体温・血圧の変化などを整えています。BMAL1は、その体内時計を調節する役割をもったタンパク質ですが、そのほかに、脂肪を蓄積する働きがあることが分かっています。

このBMAL1の分泌量は、午後10時から深夜2時の時間帯にもっとも多くなるといわれています。つまり、この時間帯は、非常に脂肪を蓄積しやすい時間といえます。

逆にBMAL1の量がもっとも少ないのが午後3時ごろ。同じ食事内容でも、それが脂肪になるかどうかは、食べる時間帯によって変わってくるのです。

太りにくい体作りのためには、夕食はできるだけ午後9時ごろまでに済ませるようにしましょう。仕事の都合などでどうしても食事が遅くなりそうなときは、早い時間帯に軽食をとり、夕食を食べすぎないようにするなどの工夫を。

夕食の時間が遅く、就寝までに消化が終わらないと、寝ている間も胃腸が休まらず、代謝も悪くなってしまいます。また、不規則な生活は体内時計を狂わせ、それを調節するBMAL1の量を増加させることにもなります。

BMAL1は、朝日の光を浴びることによって減少するともいわれています。ダイエットのためにも、健康のためにも、早寝早起きなど規則正しい生活をするよう心がけましょう。
(加藤朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP