COLUMN

思わずカワイイ! ジャーサラダの次は、「ジャースイーツ」


手軽にできて見た目もキレイ! と話題になったジャーサラダ。サラダの次にジワジワと話題沸騰中なのが、同じジャーを使った「ジャースイーツ」です。見た目のかわいさはジャーサラダ以上、さらに、1人分を1つのジャーで作るスイーツは、女子会などにもピッタリ!

思わずカワイイ! ジャーサラダの次は、「ジャースイーツ」
■市販品アレンジで火を使わずに簡単&かわいく!
ジャーサラダやジャースイーツに使う「ジャー」とは、蓋のついた口の広いガラス瓶のこと。耐熱性ガラスのジャーであれば、そこに材料を入れてケーキなどを焼くこともできます。でも、材料を量ったり、オーブンや火を使ったりするのは何かと面倒なもの。もっと手軽にジャースイーツを楽しみたい! という人は、市販品を賢くアレンジしてみてはいかがでしょう。

用意するものは、市販のスポンジケーキにホイップクリーム、それにイチゴなどのお好みのフルーツ。瓶の口を使ってスポンジケーキを型抜きし、クリームやフルーツを挟んで層になるように重ねて入れるだけでOK。最後に砕いたナッツやチョコレートなどを振れば、簡単なのに本格的なジャースイーツの完成です。

■詰めるだけなのに見栄えはバツグン! フルーツで作るジャースイーツ
さっぱりとしたデザートを楽しみたい、というときには、フルーツを切って詰めるだけのお手軽ジャースイーツを。みかん、リンゴ、パイナップルなど、好きなフルーツを食べやすい大きさにカットしたら、底から順番に重ねて入れるだけ。外から見たときに色が層になるように重ねるとキレイです。缶詰のフルーツを使えば、カットする手間もいりません。

最後にレモン汁とはちみつを大さじ2ずつ加えたら完成。缶詰を使用する場合は、そのシロップで代用できます。そのままでももちろん美味しいけれど、サイダーを加えてフルーツポンチにしても◎。フルーツリキュールと炭酸水をプラスすれば、おしゃれで贅沢な生フルーツカクテルが楽しめます。

■ラッピングにも一工夫
蓋ができるジャースイーツは、持ち運びもラクラク。自宅で楽しむのはもちろん、持ち寄りの女子会やパーティ、ピクニックなどにもおすすめです。そのままでもかわいいジャースイーツですが、ちょっとした工夫をすればさらにおしゃれに。たとえば、瓶にステッカーを貼ったり、蓋にリボンを巻いてみたり。麻ひもをぐるっと巻くだけでも、ナチュラルで温かい雰囲気になります。プレゼントならそこに小さなカードをつけたり、木のスプーンやフォークを添えたりしても素敵ですね。

かわいくて美味しいジャースイーツは、女子会やホームパーティなどで用意すれば、注目されること間違いなし!普段手作りスイーツは苦手、という人でも簡単にできるので、気軽に試してみてくださいね。


(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP