COLUMN

炊飯器のスイッチを押すだけ! 今が旬のとうもろこしご飯


ふと気づけば、暖かいというより暑いと感じる季節になってきましたね。スーパーに夏野菜が並び出し、その中でもひときわ夏を感じさせてくれるのがとうもろこしです。緑の皮をむくと出てくる、黄色の光り輝く粒たち。今日はそんな、とうもろこしのレシピをご紹介します。

家に買ったら炊飯器のスイッチを押すだけ! 今が旬のとうもろこしご飯
生のとうもろこしならではの、甘みとみずみずしさが絶品のとうもろこしご飯です。作り方はとっても簡単です。材料を炊飯器に入れてスイッチを押すだけです。それでは早速作り方です。

■とうもろこしご飯(2合分)
・米…2合
・とうもろこし…1本
・酒…大さじ2
・塩…小さじ1
・バター…10g

■作り方
1.とうもろこしは、皮をむき芯からそぎ落としておく。
2.米を研ぎ、1のとうもろこし、酒、塩を入れたら、炊飯器の2合の目盛に合わせて水を入れ、そのまま15〜20分置いてスイッチを入れる。
3.炊き上がったらバターを入れて軽く混ぜ、味が足りなければ塩(分量外)で味をととのえて出来上がり。

バターは入れなくてもOKです。その場合には、少量のだし汁を足すか、切った昆布を入れて炊くと、旨みアップです。お休みの日に作り置いて、冷凍して少しずつ食べたり、おにぎりにしてお弁当にしても。

とうもろこしは、収穫された瞬間から糖分がでんぷん質に変わりはじめ、せっかくの甘みが薄れていってしまうので、買ってきたらすぐに茹でるなど調理するのがいいです。一度に食べきれない場合には、茹でてから粒をそぎ落とし、保存袋になどに入れて冷凍しておくのもおすすめです。

また、茹でるのが面倒な場合には、皮をむき、ラップでとうもろこしを包んだら、電子レンジ(600W)で3分〜3分30秒程度加熱しても美味しく出来あがります。

炊飯器のスイッチを入れて、あとはほったらかしでラク! 忙し女子にはとっても嬉しいところですね。炊飯器さえあれば、誰でも簡単に美味しく作れるので、彼氏に振舞ってあっと言わせてみるなんていかがでしょうか。旬の食材を上手に使う女子、気が利いていてとっても素敵だと思います。


(山本 リコピン)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP