COLUMN

玄米を食べてみよう! カレーで余った玄米をサラダ&サンドイッチにするレシピ


玄米を食べてみようということで玄米の炊き方からちょっと変わった食べ方をご紹介いたします。


玄米といえば「食物繊維が豊富で体にいい」といわれています。そんな玄米を普段の食事に取り入れてみませんか。今回の提案は「ご飯の代わりとして玄米を食べる」だけではなく、「玄米のプチプチした食感を生かしてサラダを作る」というところです。

といっても玄米は調理が面倒な気がして…。というお話をよく聞きます。確かに白米に比べたら水につける時間が長いし、炊き時間も長いので面倒といえば面倒かもしれませんね。でも水につけている間は何もしませんし、炊くのは炊飯器なのでそんなに苦行というわけではありませんので、ここは少し頑張ってみてください。

さて、玄米を買いましょう。小さめがオススメです。大きいものを買ってしまうと使い切るのに時間がかかります。時間が経って酸化が進んでしまうともったいないので、小さめの袋で買って、冷蔵庫の野菜室に入れましょう。

炊き方は炊飯器の玄米モードで炊くのが一番手軽です。炊くポイントは水に浸ける時間です。ご飯の代わりに食べる場合は長い時間(5時間〜6時間)つけてしっかりと吸水させると柔らかくムッチリします。サラダ目的やカレー用で炊くなら「プチプチ」してほしいので、水につけるのは1時間〜2時間程度でOKです。


あとは少量の塩(1合に対して小さじ8分の1程度)を加えて炊きましょう。かなりの薄味ですが、おいしくなります。炊け上がったらまずはカレーなどに使って食べましょう。そして残った玄米は冷蔵庫に一時保管してサラダに使います。今回の主役はこちらですね。

サラダはエスニックな感じにしてみました。

■お手持ちのドレッシングで玄米サラダ&玄米サラダサンド
炊いた玄米       150g
お手持ちのドレッシング 大さじ1〜2
きゅうり薄切り     3分の1本
トマト角切り      4分の1個分
ラー油         お好みで少々
レモン         8分の1個
パクチー        1株分
全粒粉のパン      2本

<作り方>
1. 玄米を水で洗ってほぐし水を切る。

2.玄米の水が切れたらドレッシングを混ぜる。
3.野菜を切って混ぜ、レモンを絞りラー油も混ぜる。
4.パクチーの茎を細かく切って混ぜて味を見て調整し完成!


ドレッシングは玄米に味を付ける役割なのでお手持ちのドレッシングでOKです。クリーム系でも醤油系でも美味しく食べられます。オススメはニンニクや醤油の入ったものです。ラー油は辛味、パクチーはアクセントです。パクチーが苦手なら抜いて、スィートチリソースをかけても美味しくいただけます。

さらにこれをパンに挟むと美味! 玄米サンドの出来上がりです!
炭水化物×炭水化物はどうなのよ? と感じるかもしれませんが、玄米のプチプチ感とピリ辛がクセになるおいしさです。

やってみればそんなに難しくはないので、まずカレーのためのに炊きましょう。そして余ったらサラダ。この流れで試してみてください。たまに食べると健康に一歩近づいた気がしますよ!


(さわけん)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP