COLUMN

炭酸が抜けたビールを再利用。食材を使った簡単手づくりヘアパック


髪は女の命。傷んだらヘアサロンに行くし、トリートメントもしてるし安心! なんて思っていませんか? 髪は一度傷んでしまったら切らない限りもとには戻らないのです。そう、どんなにごまかしても死滅細胞はよみがえらない!パーマもカラーリングも、寝ている間の摩擦でだって髪は傷んでいくもの。


とはいえ、毎日ヘアサロントリートメントなんて、金銭的にも時間的にもそんな余裕がある人はなかなかいないはず。だからこそ! 毎日の自宅ケアが大事なのです。高価なヘアトリートメントがなくても、私たちの周りには使える素材がいっぱい!簡単な手作りヘアパックで日々のダメージをケアしましょう!

■細くてボリュームがない人にはビール!
ビール1/2カップにオリーブオイル大さじ1杯と卵1個を混ぜ合わせます。髪に塗布したら15分待って洗い流します。そのあとはいつも通りシャンプー、コンディショナーで整えます。

ビール酵母には髪の成長を助けるビタミンや亜鉛、マグネシウムが含まれています。炭酸が抜けたもので大丈夫なので、前日の飲み残しでもOK!卵はタンパク質やミネラルが豊富で、白身にはバクテリアを防ぐ効果もあるといわれているので、余分な皮脂もオフできます。

■広くてまとまらない人にはアボカド
アボカド半分をフォークの裏などでこしたらそのまま髪に塗布。15分放置したら洗い流してシャンプー、コンディショナーを。

新陳代謝を促すビタミンEやオレイン酸が豊富なアボカドは髪に栄養を与え、広がりを抑えてくれます。2週間に1度が目安です。

■パサつく髪にオリーブオイル
オリーブオイルと水を1:1の割合で混ぜたら、電子レンジで約20秒温め、よくかき混ぜて塗布します。オイルはとても熱くなっている可能性があるので、火傷には十分気を付けくださいね!30分放置したら洗い流してシャンプー、コンディショナーを。

オイルが髪全体をコーティングして、しっとりなめらかな手触りに。ドイツでは昔から女性のあいだで行われているヘアパックなのですよ。

■コシがない人はココナッツミルク!
ココナッツミルクを髪と頭皮に塗ります。1〜2時間放置して洗い流しましょう。

ココナッツミルクに含まれるプロテインが髪を強くしてくれます。週1回が目安です。いかがでしたか? どれも欧米、ヨーロッパでは古くから行われているナチュラルなヘアパック。口に入れても平気なものばかりなので、カラダにも安心して使えます。髪の毛は、傷んでからよりも傷む前のケアが基本! 毎日のケアで美髪女子になりましょう。

(鈴奈)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP