COLUMN

パステルカラーで着やせ。劇的にかわいく見せるテクニック


そろそろ春のワードローブ計画をはじめる季節。気候が暖かくなると、明るいパステルカラーの洋服が着たくなります。

パステルカラーで着やせ。劇的にかわいく見せるテクニック
ふんわりとしたイメージで春らしいパステルカラーですが、その反面、体型をぽっちゃり見せる膨張色とされ、一般的には着やせを目指すなら避けるべきともいわれています。そんなパステルカラーも、ちょっとした工夫で着やせアイテムに早変わりするんです。

■細く見せるための色選び
色味が淡く明るいパステルカラーは、ものを実際以上に大きく見せる膨張色とされています。なかでも、もっとも膨らんで見えてしまうのがイエロー系。着やせを目指すなら、クリーム色やアイボリーは避けた方が無難です。また暖色系のピンクも太って見えがちなので注意。

選ぶなら、同じパステルカラーでも寒色系のパステルブルーや中間色のラベンダーを。体型が膨張して見えるのをおさえつつ、明るく上品なイメージを作ってくれます。

■視覚効果で縦のラインを作る
着やせに必要なのは、「Iライン」とも呼ばれる縦のラインを作ること。たとえばパステルカラーのインナーには、それより濃い色のジャケットやカーディガンを合わせます。

このとき、ロング丈のものを選び、さらに前のボタンなどを開けて着ると縦のラインを強調することができます。スタイルを全体的にスリムに見せると同時に、外側の濃い色が、パステルカラーの膨張効果をおさえることにも。

また、着やせ効果を生むためには、服のシルエットはほどよくゆとりのあるものを。とくにトップスの場合、袖のピッタリした服や胸元の詰まった服は、上半身を太く見せてしまいます。柄物を選ぶなら縦か斜めに柄が流れるものを。太めのボーダーは絶対NGです。

■パステルカラーに引き締め色を組み合わせる
パステルカラーで着やせするには、コーディネートに引き締め色を取り入れるのがコツです。たとえばトップスをパステルカラーにしたら、ボトムスには濃い色を。パステルカラー+黒パンツや黒スカートは、全身がスッキリまとまるおすすめの組み合わせです。

ワンピースのときなどは、ベルトや靴、アクセサリーを濃い色にするだけで、全体がぐっと引き締まります。肌寒い日なら、ダークカラーのジャケットなどを選びましょう。

女性らしい華やかなイメージを演出してくれるパステルカラー。太って見せないパステルカラーの着こなしのコツをマスターして、春ファッションを楽しんでくださいね。
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP