COLUMN

寂しがり屋の人は要注意、彼に振り回されないための「恋愛依存度」チェック


恋愛に執着してしまい、自分の生活に支障をきたしてしまうことがある、恋愛依存症。男性よりも女性に見られる症状ですが、恋愛以外のことが疎かになってしまったり、「彼のためなら」と思って時間やお金だけでなく、仕事までも失ってしまうケースもあります。

寂しがり屋の人は要注意、彼に振り回されないための「恋愛依存度」チェック
自分の恋愛依存度をチェックして、依存症になる危険性はあるか、またはすで既に恋愛依存に陥っているのかを確認しましょう。もしも依存傾向にあるのなら、早い段階で改善できるように努力することが大切です。

■まずは恋愛依存度を確認! 
まずは以下の項目に該当するかをチェックしてみましょう。

□彼氏が変わるたび度にファッションや髪色が変わる。
□何よりも(仕事・家族・友達など)彼のことを優先する。
□彼とトラブルがあったら仕事を休む。
□毎日でも会いたい。
□彼からLINEや電話がなかったり、返信が少しでも遅れると不安になる。
□フリーの時期がとにかく嫌。
□何をするにしても、彼に相談をしてから。
□彼から連絡がなくても、こちらからどんどん連絡を入れてしまう。
□男性がそばにいないと、とにかく寂しい。
□彼から認められること、必要とされることが何よりの幸せ。

半分以上当てはまるようなら、あなたは恋愛依存傾向にがあると言えます。では、恋愛依存になってしまうと、生活面でどんな支障が出てしまうのでしょうか? 

■恋愛依存になると、どんな支障がある? 
まず、恋愛依存に陥ると、これまでの人間関係が崩れてしまう危険性があります。常に恋人重視で、急に彼からお誘いがあれば、たとえ友達と約束をしていたとしても平気でドタキャンするようになってしまうのです。

また、恋愛をしていないと不安になり、精神的な負担を感じるでしょう。恋人を失っても、また新しい男性を探して、時には体だけの関係になってしまうこともあります。さらに、いつも相手の判断に身を委ねている状態なので、判断能力が低下してしまって、大事なシーンで自分で判断するということもできなくなってしまうでしょう。

このように、さまざまなシチュエーションで支障をきたす恋愛依存。依存傾向がある人は、これから3つのことを意識してみてください。

■恋愛依存から脱出するためには? 
1.自分で自分を認める
2.我慢しない
3.自分の中でルールをつくる

恋愛依存に陥りやすい人は、「自分を理解してほしい、認めてもらいたい」という気持ちが人一倍強い傾向があります。他人からの理解を求めるよりも先に、自分自身を認め、自信を持つことが大切です。また、「彼のために」と思って我慢しすぎて、自分の感情を後回しにしてしまっているため、相手よりも自分を尊重して、時には感情を表に出すこと事も大事でしょう。

毎日でも彼に会いたいと思う衝動を抑えるためにも、自分の中で「週に○回までしか会わない」と、明確なルールをつくり、そのルールを徹底して守ることで、恋愛依存から少しずつ脱出できるはずですよ。

恋愛に縛られて、自分を見失ってしまわないように、日頃から自分の意志表示はしっかりとしていきましょう! 
(RUREI)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP