COLUMN

思い込みでソンしていない? パーソナルカラー診断で本当に似合うチーク&リップがわかる


新作コスメにひと目惚れをして、思わず買ってしまったけれど「似合わなかった」なんていう経験はありませんか? 好きな色と似合う色は違います。本当に似合う色とは、自分の肌色を生き生きと輝かせ、キャラクターや魅力を最大限に引き出してくれるもの。ぜひ、自分に合うカラーを探してみてください。

思い込みでソンしていない? パーソナルカラー診断で本当に似合うチーク&リップがわかる
■カラータイプは春夏秋冬の4タイプ
思い込みでソンしていない? パーソナルカラー診断で本当に似合うチーク&リップがわか
まずは、自分のカラータイプをチェックします。

■イエローベースVS.ブルーベース
肌タイプは大きく分けてこの2つ。頬の赤みがオレンジっぽい人はイエローベース。ピンクっぽい人はブルーベース。「ピンク系のチークが似合わない」という人はイエローベースの可能性が高いです。一般的に、ゴールドジュエリーが似合う人はイエローベース、シルバージュエリーが似合う人はブルーベースとも言われています。

その上で、イエローベースで明るく鮮やかな色あいの似合う人は「春」。こっくり深い色あいが似合う人は「秋」。ブルーベースで淡くやわらかな色あいが似合う人は「夏」、ビビッドで濃い色あいが似合う人は「冬」というように細かく分類されます。■春タイプに似合うリップ&チーク
イエローベースで明るい肌色の春タイプさんは、メイクも黄みの入ったコーラルピンクやサーモンピンクなどの健康的な色みがお似合いです。ベージュやオレンジもGood。若々しく、フレッシュな色や質感でキュートに仕上げるのがおすすめです。

■夏タイプに似合うリップ&チーク
逆に、黄みが入ると途端にぼやけてしまうのが夏タイプさん。青みの入ったベビーピンクを頬の中心にポンポンと乗せると肌の透明感が際立ち、瞳の印象も強まって涼しげな顔立ちが生きてきます。迷ったら、肌や瞳、髪の色が明るく見える方を選んで。

■秋タイプに似合うリップ&チーク
秋を象徴する色、テラコッタや深みのあるレッド、ビターオレンジが似合います。もとがイエローベースなのでやはりベースは黄みの強いものが◎。ディープな色みを使うことで顔立ちがぐっと華やぎ、他のパーツに負けない存在感を放ちます。

■冬タイプに似合うリップ&チーク
ビビッドなフューシャピンクやネオンカラーなど、きりっとクリアなカラーが映える冬タイプさん。おすすめはリップで強い色を投入して、チークはブルーベースの淡いカラーで肌なじみ良く。どこかに一点、強い色を入れると顔色が冴えます。

■もし、自分の肌タイプと好きな色やキャラクターが違っていたら? 
イエローベースの春&秋タイプさんが青みのピンクを使いたいなら、ゴールドパウダー配合のまろやかなものを。夏&秋タイプさんが赤やオレンジを使いたいならピュアでシアーな質感のものを。「質感」を操ることで似合わせることも可能です。


(9guitar)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP