COLUMN

「キレイ目」が上品で可愛い。春のトレンド「デニムトラウザー」が最強すぎる


冬のセールが一段落し、店頭に春ものがどんどん入荷、お買い物が楽しい季節がやってきました! これまであまり手を出さなかったアイテムに挑戦してみることで、通勤前の気分が上がります。

「キレイ目」が上品で可愛い。 春のトレンド「デニムトラウザー」が最強すぎる
ちょっとした冒険をすることで、「あれ? 何だかいつもと違うね!」という周りの反応も得られるかもしれません。今年の春のトレンドはそんな気分を上げてくれるアイテムが充実しています。

■旬アイテムの筆頭はデニム、キーワードは「キレイ目」
これまでの「カジュアル・休日用」というイメージをくつがえし、キレイ目なデザインに落とし込んだものや、ダメージなしのインディゴカラーのものなど、通勤に使えるアイテムが登場しています。

なかでも働くアラサー世代におすすめしたいのが、「デニムトラウザー」とよばれる新アイテム。センタープレスが効いていたり、裾が折れてきちんとプレスされているなど、素材はデニムながら、形やディテールはスラックスパンツに近く、ダメージのないもので、大人っぽくすっきり着ることができます。今季はこれを通勤に取り入れるとトレンド感がアップ。

これまでデニムといえば通勤NGという会社も多かったはず。しかしこのデニムトラウザーは見た目の印象はかなりきちんとしているので、とろみブラウスと合わせたり、ジャケットをはおるだけでぐっとお仕事モードな印象に仕上がります。

また端境期のはおりとして定番のトレンチコートとの相性もよく、デニム素材ゆえに抜け感も出て、しゃれた雰囲気に見せてくれます。

通勤コードがさらに厳しい会社にお勤めという方は、トップスにデニム風素材を取り入れてみてはいかがでしょう。たとえば淡いブルーがきれいな薄手のシャンブレーシャツやプルオーバーなどは、スカートとの相性もよく、ゴワゴワしたデニム感がないのでカジュアルすぎないのも高ポイントです。

■キレイ色ボトムス
もうひとつ、ビッグトレンドは「ボトムにキレイ色」を取り入れること。たとえば、冬から人気の続くミモレ丈スカートやタイトスカートをピンクやイエロー、グリーン、ブルーなどに変えてみること。

トップスにはグレーやベージュ、白、黒、ネイビーなどベーシックカラーを合わせれば、派手になりすぎず、簡単に華やかな印象にチェンジします。また色の選び方も少しくすんだトーンのもの、たとえばピンクならピンクベージュに近いものを選べば、会社でも悪目立ちすることがありません。

きれい色は気分を上げるのに十分。ボトムだからトップスよりも派手な印象が薄いのでカラー初心者でも挑戦しやすいはず。心が弾む春のおしゃれにぜひ今季ならではのトレンドを取り入れてみてくださいね。
(坪田あさみ)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP