COLUMN

1年で1番痩せやすい季節は冬だった! ラクして代謝アップを叶える方法


寒くて体をあまり動かさない冬は、1年の中でも太りやすいイメージが強いもの。でもじつは、冬は気温の低さに対抗して体が体温を上げようとするため、1年の中で1番痩せやすい季節なんです。

1年で1番痩せやすい季節は冬だった! ラクして代謝アップを叶える方法
この冬ならではのメリットを最大限活かして基礎代謝量を上げれば、キツイ運動をしなくてもラクにダイエットが叶います。「冬=太る」というイメージは取り払って、一気に痩せ体質にチェンジしましょう。

■冬は痩せ体質になるチャンス!
外に出るのが嫌になるような寒い冬の日。気温が低くなると、体はカロリーを消費して体温を一定に保とうとします。一方、汗をたくさんかいて痩せやすいイメージのある夏は、気温も高いので代謝量はじつは少なめ。

寒ければ寒いほど、内臓を冷えから守るために代謝はアップします。基礎代謝量が高ければ、少しの運動でも効率よく体重を落とすことが可能に。つまり今の季節は、1年でもっともダイエットに適した季節といえるのです。

■冬に効果的なダイエット法とは?
本当は痩せやすい季節なのに「冬は太る」と思われがちなのは、冬は寒くて家にこもりがちになり、運動不足になってしまうから。いつもより少し意識して体を動かすようにすれば、一気に脂肪を燃やすことができるはず。

何もしなくても代謝が上がっている冬は、キツイ運動をする必要はありません。たとえば駅やオフィスではエレベーターやエスカレーターを使わずに階段をのぼる、時間があれば1駅分歩くなど、ゆるめの運動でOKです。

さらに効率よく脂肪を燃やしたい場合は、午前中に軽めのエクササイズをプラスしてみましょう。おすすめはスクワット。朝に運動をすることで1日の体温を高くキープでき、その後のウォーキングなどの効果もアップします。

■食事でさらに代謝アップを
冬の代謝をさらに上げるには、体をあたためる食材などを積極的にとるようにしましょう。

たとえばショウガやネギ、カプサイシンが豊富な唐辛子など。糖質や脂質の代謝を助けるとされるビタミンBを含む豚肉やレバー、マグロ、カツオなどもおすすめです。

また、体をあたためすぎないことも代謝アップには効果的といわれています。室内ではあまり厚着をしすぎない、暖房の設定温度をやや低めにするなど、少し低めの温度で過ごす時間を作るようにしてみましょう。体を冷やさないように体温が上昇し、効率よく代謝を高めることができるそうですよ。

でも、だからといって体を冷やしすぎてしまっては本末転倒。冷えやすい腰まわりなどはしっかりガードするなど、薄着は無理のない範囲で行うようにしてくださいね。
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP