COLUMN

肌から髪まで全身に使える! アルガンオイルの万能美容パワー


モロッコに生育するアルガンツリーの実の種からとれるアルガンオイル。保湿効果や抗菌効果が高く、サラッとべたつかない使い心地で乾燥しやすい今の時期におすすめのオイルです。

肌から髪まで全身に使える! アルガンオイルの万能美容パワー
さらにアンチエイジング効果も高く、肌やボディ、髪、爪など全身にオールマイティに使えるのも魅力。その万能パワーをフルに活用して、カサつき知らずの冬を送りましょう。

■アルガンオイルの美容成分とは
アルガンオイルの第一の特長が、その高い抗酸化力。ビタミンEを多く含み、その量はオリーブオイルの2〜3倍ともいわれています。

ビタミンEには、肌老化を防ぎ、さらに外気から肌のうるおいを保護するバリア機能、新陳代謝を高める血行促進効果も。炎症をおさえる働きもあるといわれ、ニキビや肌荒れ改善にも役立ちそうです。

また、人の肌に近いというオレイン酸も豊富なため、馴染みやすく、美容成分を効率よく肌に浸透させることができます。

■スキンケアにプラスしてもっちり肌に
毎日のスキンケアには、化粧水をつける前にアルガンオイルを肌に数滴伸ばしてみましょう。オイルがブースターの役割をはたし、その浸透力の高さで化粧水の美容成分までしっかりと肌に届けてくれます。

この季節ガサつきがちなリップも、アルガンオイルでケア。1〜2滴のアルガンオイルを指にのせ、軽くマッサージするようにして唇に薄く伸ばします。浸透力の高いオイルなので、唇に塗ってもベタベタせずに自然なうるおいを守ってくれます。

■ひざやかかともカバーしてうるおいボディに
アルガンオイルは体にも使えるので、ボディクリーム代わりに塗れば全身しっとりうるおいボディに。おすすめなのが、入浴時に湯船に数滴オイルをたらす方法です。体をあたためながら保湿効果もあり、乾燥しがちなお風呂上がりの肌もしっかり守ってくれます。

乾燥でガサガサして固くなってしまったひじやひざ、かかとには、集中ケアを。お風呂から上がったあとに、気になる部分に手のひらを使ってオイルを塗りこみます。かかとの場合はそのあとに靴下をはいて寝ると、保湿効果が倍増しますよ。

■パサパサヘアもしっとりまとまる髪に
アルガンオイルはヘアケアにもとてもおすすめです。パサつきや切れ毛などの改善のほか、頭皮の老化や乾燥をおさえ、抜け毛を防いでハリのある健康な髪に導く効果が。

毛先のパサつきが気になる場合は、髪を洗ったあと、タオルドライした半乾き状態で、毛先を中心にオイルをなじませます。そのあとドライヤーで乾かせば、熱のダメージも防ぎながらしっとりまとまりある髪に。

頭皮ケアにはシャンプー前にオイルをプラス。髪を洗う前の乾いた状態でアルガンオイルを頭皮全体に数滴たらし、指のお腹を使って優しくマッサージします。あとはいつも通りにシャンプーするだけで、頭皮の血行を促進するほか、毛穴に詰まった汚れも落としやすくしてくれます。

肌、ボディ、髪と全身にうるおいを与えてくれるアルガンオイル。ほかにも手に馴染ませればハンドクリーム代わりになるなど、オールマイティに使えますよ。
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP