COLUMN

ファッションの印象が決まる! 着ぶくれしないコートの選び方


だんだん寒さが厳しくなり、分厚いコートの出番も増えてきました。冬のファッションの第一印象は、コートで決まるといっても過言ではありません。どんなにオシャレなコーディネートでも、コートで着ぶくれしてしまっては台なしになってしまいます。


■ダウンコートはシルエット&ウエストマークでスリムに
コートの中でもとくに着ぶくれしやすいのが、モコモコとボリュームのあるダウンコート。スッキリ見せるには、細身のタイトなシルエットのものを選ぶようにしましょう。

ウエストが絞られたデザインで、ベルトでウエストマークをするタイプだとさらに着やせ効果が。ダウンコートのボリュームとの対比でメリハリよく見せるために、ボトムはスリムパンツなどを選びタイトにまとめるとよいでしょう。

■通勤スタイルにもおすすめ! 細身のチェスターコート
ストンとしたシンプルなフォルムが印象的なチェスターコート。以前は男性向けアイテムというイメージが強かったコートですが、今シーズンはレディースコートの新定番ともいえるほど流行中のアイテムです。

チェスターコートの優秀なところは、パンツでもスカートでも合わせる服を選ばないことにあります。もともとが細身のつくりになっているものも多く、着やせ効果もバッチリ。マニッシュでシンプルなシルエットは、通勤スタイルにもぴったり馴染みます。襟が詰まったタイプを選ぶと、さらに小顔に見せてくれる効果もありますよ。

■流行のビッグシルエットでスタイルを華奢に見せる
ダボッとした大き目シルエットのコートも流行アウターのひとつ。肩幅を大きくとってなで肩の丸いフォルムを作るドロップショルダーコートや、1枚仕立てのフーデッドコートなど、ショップにもビッグシルエットのコートが豊富に出ています。

「サイズが大きいと着ぶくれしてしまうのでは」と思いがちですが、実はその逆。ほどよいルーズ感と上半身のボリュームとの対比で、スタイルを華奢に見せてくれる効果があるのです。

首元にボリュームのあるタイプを選べば、顔を小さく見せる効果も。ビッグシルエットのメリットを活かすためにも、ボトムはスリムパンツやミニスカートなどですっきりまとめてください。

■体型別 やせて見えるコートとは
着やせプラス身長も高く見せたい! という場合は、コートも縦のラインを意識して選んでみましょう。ウエストを強調しすぎないストンとしたシルエットの方が、スタイルを縦長に高く見せてくれる効果があります。

コートのフロントにボタンが並んでいるだけでも印象がだいぶ変わりますよ。また、身長が大き目な人の場合は、暗い色のロング丈コートではボリュームが出すぎてしまうことも。一般的にはお尻が隠れるくらいの丈が、スタイルよく見せるベストバランスです。

いずれの場合も、コートは全体のシルエットが印象を大きく左右します。選ぶときには必ず試着をして、自分に合った着やせコートを選んでくださいね。
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP