COLUMN

ミニブタのデコが可愛い! イタリア風ジューシー豚団子丼


今夜はトマトと豚挽肉があるから、トマトソースのハンバーグにしよう。ハンバーグの形を豚さんにして可愛くしたら、彼も喜んでくれるかな…?

ミニブタが可愛い、イタリアン風ジューシー豚団子丼
(材料を出しながらあれこれ考えていたら、彼がキッチンにやってきた。)
私「今夜はハンバーグを作るよー。」
彼「ハンバーグかー…。俺、昨日食べたから今日は丼食べたいな…。」
私「丼!?」
彼「うん。ハンバーグの材料でいいから、丼にしてよ。」

丼か〜…。よし。じゃあ、豚団子丼にしちゃおうかな。

<材料>(作りやすい分量*約2人分)
・ご飯:適量
・豚挽肉:200〜300g
・玉葱:小1個or大1/2個
・トマト(缶orピューレ):200g
・ニンニク:1〜2片
・パン粉:20g
・牛乳:大さじ1杯
・塩:肉用(小さじ1杯)、ソース用(ひとつまみ)
・海苔、スライスチーズ:各適量
・(ナツメグやパセリ等):あればお好みで適量
※豚挽肉の分量はお好みで調節して下さい。
(画像はたっぷり300g使用。)


<作り方>

ミニブタが可愛い、イタリアン風ジューシー豚団子丼
1.では、早速作ってみよう。まず、玉葱とニンニクをみじん切りにします。パン粉には牛乳を加えて湿らせておきます。

ミニブタが可愛い、イタリアン風ジューシー豚団子丼
2.挽肉に塩とニンニク(半量)を加えてよく混ぜます。(ナツメグがある場合はこの時点で一緒に混ぜます。)その後、パン粉を加えてよく混ぜ、最後に玉葱を1/4加えてよく練り混ぜます。粘りがしっかり出てくるまで混ぜたら、ゴルフボールくらいの大きさの団子状に成形します。

ミニブタが可愛い、イタリアン風ジューシー豚団子丼
3.小さめの鍋に深さ3〜4cm程のお湯を沸かします。沸いたら肉団子を入れ、7分程度茹でて取り出します。取り出したら、乾燥しないようにラップをしておきます。

ミニブタが可愛い、イタリアン風ジューシー豚団子丼
4.肉団子を茹でたお湯に、残ったニンニクと玉葱、トマトを加えて煮詰めます。最初は中弱火で煮詰め、水分が飛んできたら弱火にします。たまに鍋底から混ぜるようにして、十分煮詰まったら最後に塩で味を調えます。

ミニブタが可愛い、イタリアン風ジューシー豚団子丼
6.煮詰めている間に豚の顔パーツを作ります。顔パーツの形はお好みでアレンジしてみて下さい。今回は鼻と耳をスライスチーズ、目を海苔で作っています。海苔はキッチンバサミで正方形に刻んだ後、円形になるように角を切りました。

スライスチーズは包丁で切り出してもOKですが、平らなお皿に置き、フォークなど先端が鋭いもので切り出すこともできます。目や鼻の穴の部分は、細めのストローを使うと比較的綺麗に仕上がります。

温かいうちに海苔で肉団子を巻いておくと、黒豚も作ることができます。

ミニブタが可愛い、イタリアン風ジューシー豚団子丼
6.4のトマトソースができたら、丼に熱々ご飯を盛って上にかけます。その上にあればパセリなどのハーブを散らし、肉団子を乗せます。最後に顔パーツを付けたら完成。(パーツが付きにくい場合は、肉団子を少しレンジで温めてから付けて下さい。)

ミニブタが可愛い、イタリアン風ジューシー豚団子丼
ジューシーな豚団子と優しい味のトマトソースがベストマッチ。ボリュームのある可愛い豚団子に、彼も大満足の様子でした。見た目に負けず味も美味しいので、気になった人は是非一度お試しあれ。
(なめっこ星人)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP