COLUMN

美肌への近道、アルガンオイルの驚くべき効果と手作り乳液のレシピ


段々と秋から冬へと移行しているこの時期。一歩外に出ると乾燥した空気にさらされ、建物の中は暖房による乾燥とお肌の表面の角質層のバリアは崩れがち。乾燥して表面の角質層が潤っていないお肌からはお肌の内側からの水分がどんどん蒸発して行ってしまっています。

美肌への近道、アルガンオイルの驚くべきお肌への効果とは?
今回ご紹介するアルガンオイルは近年注目されている美肌に導く理想的なバランスを持った天然成分として、ヨーロッパを初め、世界中の美容業会で注目を集めるようになりました。乾燥から守ってくれる植物油というだけでなく、アルガンオイルにはこんなに素晴らしい効果があるのです。

では、アルガンオイルとはどんなオイルなのでしょう?

■1.世界でも希少なオイル
アルガンオイルが取れるアルガンツリーの実はモロッコの一地域にだけ生息しています。また、アルガンオイルは、伝統的な製法では100kgの実からわずか1リットルしか採れない非常に希少なオイルです。

■2.アルガンオイルのお肌への効果とは
(1)天然の豊富なビタミンE
アルガンオイルには、オリーブオイルの約3〜4倍も多くビタミンEが含まれています。ビタミンEには抗酸化作用があり、肌の酸化、活性酸素を抑え、老化予防に高い効果があります。

(2)オレイン酸がシミの予防に
主成分のオレイン酸にはシミ、しわの原因となる紫外線を予防する働きもあるので、日焼けによるシミ、ソバカスを防ぎ、透明感のある肌に整えてくれます。

(3)水分と油分のバランスを整える
アルガンオイルはお肌の角質層に浸透します。角質層の中の細胞間脂質と一体となり、肌の水分や油分を整える作用を高めてくれます。お肌を柔軟にし、乾燥からお肌を守り、若々しくする働きがあります。

(4)肌細胞を活性化させる
乾燥、日焼け、ストレス、加齢などが原因で起こる活性酸素を除去し細胞に栄養を与え肌本来の周期に戻す働きがあります。新陳代謝が活発になり、肌細胞が活性化する事によって、肌のキメが整って来ます。

今回はこのアルガンオイルを使って簡単に作れる乳液の作り方をご紹介します。でき上がりは約100mlです。

■アルガンオイルの手作り乳液
<材料>
アルガンオイル 25ml
精製水(フローラルウォーターでも良いです) 75ml
植物性乳化ワックス(オリーブワックスなど) 小さじ1と1/2
精油 以下の精油を組み合わせて約15〜20滴
・フランキンセンス…シミ、しわに効くアンチエイジングに
・ネロリ…お肌の保湿に
・サンダルウッド…お肌の保湿に
・ゼラニウム…お肌の細胞の成長促進に

<作り方>
1)アルガンオイルと植物性乳化ワックスを耐熱容器にいれ、植物性乳化ワックスが溶けるまで湯煎にかけます。

2)同時に別の容器に精製水をいれ湯煎にかけ、60〜70度まで温めます。

3)60〜70度になった精製水を1のオイルとワックスの容器に3〜4回にわけてかき混ぜながら少しずつ加えます。

4)しっかりと乳化するまでかき混ぜます。冷やすとだんだんドロッとしてきますので、最後に精油を加えて出来上がりです。

5)保存容器に入れ替えて、冷蔵庫保存。2週間くらいを目安に使い切るのが望ましいです。

さて、いかがだったでしょうか? 今注目のアルガンオイルの乳液で初冬もしっとりお肌を手に入れましょう。
(Haruko Wu)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP