COLUMN

ぽっこりお腹撃退! おうちで簡単にできるエクササイズでインナーマッスルを鍛えてお腹すっきり美人に


食欲の秋! ついつい食べ過ぎてしまったあとに、すぐにお腹がぽっこり出てしまう方、体幹、インナーマッスルが弱っている証拠です。体幹とは、インナーマッスルとも呼ばれ広く定義すると身体の胴体部分と背筋、そして身体内側の筋肉のことを指します。

ぽっこりお腹撃退! おうちで簡単にできるエクササイズでインナーマッスルを鍛えてお腹すっきり美人に
特に胴体部分の肋骨の下の辺りから恥骨の辺りまでの筋肉のことを指します。お腹の筋肉と一言で言っても、 お腹の真ん中を走っている腹直筋、側面を走っている腹斜筋、そしてお腹の中の方に横にベルトのように走っている腹横筋、息を吐きながらお腹を引き込むときに使う筋肉が腹横筋にあたります。

また足を持ち上げるときに使う腸腰筋など、複数のパーツ毎に筋肉が走っていて、それが連携して胴体部分を支えているのです。呼吸をするときに使う横隔膜や骨盤の周りを支えている骨盤底筋群もインナーマッスルに入ります。

この胴体部分の筋肉、大事な臓器を守っているけれども骨はないので、これらのインナーマッスルが弱ってくると支える筋肉がないので臓器が下に下がって来て胃下垂になったり、腰痛になりがちです。

今日は自宅で簡単にできるインナーマッスルの鍛え方をお教えします。

■インナーマッスルに効くエクササイズその1
1)ヨガマットの上に四つん這いになります。この時両手は肩幅、両膝は腰幅に広げます。丹田を上のほうに引き上げお腹と背中を床と平行に保ちます。顏は下を向いて頭のてっぺんを前方に向けます。

ぽっこりお腹撃退! おうちで簡単にできるエクササイズでインナーマッスルを鍛えてお腹すっきり美人に
2)右手を前方、左足を後ろに床と平行になるようにできるだけ遠くに伸ばします。この時、お腹が落ちないように丹田を中心に上へと引き上げておきます。この形を3〜5呼吸キープします。

3)息を吐きながら膝を手をゆっくりと床に置いて、次に逆の手と足を床からあげて行きます。同じく3〜5呼吸キープします。

4)左右を1セットとし、これを3セット繰り返します。

■インナーマッスルに効くエクササイズその2
1)両足をつま先までぴったりと揃えて立ちます。身体の体重を土踏まずに持って行きます。このとき、前のめりになったり、後ろに重心が行き過ぎたりしないようにマットに対して垂直に立ち背筋を伸ばします。

2)腕を身体の真横床と水平になる位置まで上げ、肘を内側に曲げて指先が耳の後ろに来るようにします。

3)息を吸って吐きながら骨盤は正面を保ちながらお腹の筋肉を絞り上げるようにしながら丹田から上の位置から上だけを右にねじります。この時右の骨盤を少し前に押し出すようにすると良いでしょう。

ぽっこりお腹撃退! おうちで簡単にできるエクササイズでインナーマッスルを鍛えてお腹すっきり美人に
4)息を吸いながら上半身を正面に戻します。

5)左側も同様に行います。左右両方行って3セットずつ行います。

ぽっこりお腹撃退! おうちで簡単にできるエクササイズでインナーマッスルを鍛えてお腹すっきり美人に
注意点として、1と2どちらのエクササイズも必ず息を吐くときに丹田にグッと力を入れること。このお腹を中に引き入れる動作がインナーマッスルを鍛えます。

どちらもヨガマット一つあればできる簡単なエクササイズですので、ぜひお試し下さいね。
(Haruko Wu)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP