COLUMN

脚の悩みをブーツで解消! 履くだけで美脚に見せるブーツの選び方


ブーツの季節がやってきました。脚を隠してくれるブーツは、下半身に悩みをもつ女性には強い味方。とはいえ、選び方を間違えると逆にコンプレックスを強調させてしまうことになってしまいます。

脚の悩みをブーツで解消! 履くだけで美脚に見せるブーツの選び方
気になる部分をしっかりカバーして脚をキレイに見せるために、自分のタイプに合ったブーツの選び方をマスターしておきましょう。

■悩み別 美脚に見せるブーツはコレ!
<脚全体を細く見せたい>
脚全体が太め…という人には、脚のほとんどを覆う、トレンドのニーハイブーツを。ニーハイ初挑戦の人は、まず定番のレザーから。

ブーツのシルエットがキレイかどうかで脚の印象が決まるので、履いたときのラインはしっかりチェックしましょう。あまり飾りなどのついていない、シンプルなものがおすすめです。

<O脚>
今年は、かつての定番ブーツともいえる、膝下丈のロングブーツが復活の兆し。O脚カバーにおすすめなのが、この丈のブーツです。

特に、履き口に折り返しやファーなどがついたタイプは、ブーツのボリュームが視線をそらせるため、O脚のラインを目立たなくする効果が。ブーツの履き口が斜めになって外に広がっているタイプも、脚をまっすぐキレイに見せてくれます。

<むっちり太もも>
ロングブーツでブーツインやミニスカートを着こなしたいけれど、どっしりした太ももが気になってなかなかチャレンジできない…。そんな場合は、バックがV字型にデザインされているものや、Iラインのファスナーがあるものを選びましょう。

さらにほどよくゆとりのあるブーツを選ぶと、後ろ姿のヒップから太ももにかけてのラインをキレイに見せる効果があります。

<パンパンふくらはぎ>
ふくらはぎの太さが気になる場合は、乗馬ブーツのような、ストンとしたシルエットのブーツがおすすめです。

注意すべきはブーツの丈。ふくらはぎの途中までのミドル丈は、かえって太さを強調するばかりか、脚を短く見せてしまうことになるので避けるようにしましょう。

<足首が太い>
華奢な足首を演出したい場合は、昨年から引き続き流行のブーティを。おすすめなのは、フロント部分にスリットが入ったタイプです。パンツと合わせて足首をチラ見せすれば、足首を細く、脚全体のラインもキレイに見せてくれます。

また、履き口に折り返しのデザインがあるものなどは、ブーツのボリュームとの対比で脚を細く見せる効果があります。

■美脚ブーツの基本はヒール&黒!
どのタイプのブーツも、美脚に見せたいならやはりヒールは必須。高さをプラスする脚長効果に加え、細めのヒールほど、脚全体を華奢にキレイに見せてくれます。

また、もっとも引き締め効果が高い色は定番のブラックです。2足目に選ぶなら、肌の色に近いキャメルもおすすめ。脚の色とブーツを縦長のIラインでつなぐことによって、脚を長くスリムに見せることができます。

ブーツの選び方一つで、脚の印象は大きく変わります。自分のタイプに合ったブーツを賢く選んで、今年の秋冬は美しいレッグラインを手に入れましょう。
(加藤 朋実)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP