COLUMN

男性を夢中にさせる2つの会話テクニック


好きな男性と仲良くなるには、まずは会話で盛り上がるのが第一歩。男性が喜ぶリアクションをとることも大切ですが、男性が積極的に会話に参加してくれるように、話の内容を持っていくことも重要です。そのためのコツをお教えしましょう。

■相手を会話の主役にする
まずは相手の男性を会話の主役にするようにしましょう。基本的に、女性は話し上手よりも聞き上手のほうが男性に好感を持たれます。

自分のことばかりをベラベラとしゃべるのではなく、男性の話をよく聞くように心がけてください。そして“楽しそうに”聞くことを忘れずに。

楽しそうに、かつ話の内容を理解できるようにしっかりと聞き、共感する言葉や褒め言葉をかけながら、もっと話してくれるように促していきましょう。

男性はまず自分を語ることで女性に対し自分の魅力をアピールします。その間は反論をしたり話をさえぎったりせずに聞くことが大切。そうすることで男性は「自分に興味を持ってもらえた」と感じ、会話も弾んで親しくなれるはずです。

■アドバイスを求める
相手の男性に話題を提供してもらうほかには、自分のちょっとした悩みを相談してアドバイスを求めるというのもオススメです。深刻な悩みである必要はなく、実はそれほど悩んでいない、という内容でもOK。または男性の得意な分野・好きなものがわかればそれについてどんどん質問するのもいいでしょう。

男性は困っている女性の役に立ちたい、教えてあげられることは教えてあげたいという心理が働きます。女性のほうから頼られれば、よろこんで応えてくれるでしょう。

会話の中でも、相手の男性にアドバイスを求めてうまく頼ってみてください。積極的に話をしてくれるはずですよ。

いかがでしたか? 会話の感覚も人それぞれですので難しいですが、相手の男性に「楽しい、また話したい」と思ってもらうことが大切です。

楽しく会話を進めることができたら、最後には自分から相手の男性に「また会おうね」と声をかけてください。男性の心を掴んでより親しくなれるように、会話の方法を研究してみてくださいね!

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP