COLUMN

モテ女は実践している! 簡単&使える恋愛メールテク


メールやLINEでやりとりするうちに、恋愛に急発展! そんなことも珍しくない時代ですよね。今回はモテ女のメールテクを紹介します。


●探りを入れたい時のメール
お互い好印象なのは間違いない。でも恋愛に発展するかはわからない。しかも相手は会社の先輩や仕事仲間…そんなシチュエーションだと、メールでどこまで踏み込むか悩みますよね。

このケース、プライベートなメールやメッセージは自分から送らないのが無難。かといって、アクションを起こさなければ何も始まらないですよね。そういう時は、仕事の用件で送るメールや飲み会帰りのお礼メールの最後に一文を入れて反応を見ましょう。

例:「今日は楽しかったですね。誘っていただいてありがとうございました。こんな笑い転げた飲み会、初めてです! また行きたいな〜」

「連れていってください」だとバレバレすぎるし、「また行きたいですね」では固い。なので、ここは「また行きたいな〜」と独り言っぽく結ぶのがいいでしょう。これならボールを相手に投げることになり、次の展開は相手次第になります。

あくまでも男性を立てて、相手に主導権を握らせること。そのドキドキやかけひきを楽しむ余韻も重要です。ことを急ぎすぎると、恋愛の醍醐味を相手から奪うことにもなりかねません。

そしてポイントはもうひとつ、敬語など丁寧な言葉使いを並べつつ、最後にタメ口で甘えながらお願いするくだり。ほどよい緊張の中、ホッとする瞬間が生まれ、ぐっと距離が縮まります。特に、普段敬語で話す間柄だと、あなたの可愛らしさが伝わる効果も。

●思いを伝えたい時のメール
次は、より突っ込んで気持ちを伝えたい時。ここでも簡単に「好き」という言葉をストレートに出すのは控えましょう。相手に「気があるのかな?」「もっと追いかけたい!」と思わせることが重要なので、あくまでもバレバレなパス出しまで。

例:「もし○○くんと一緒に旅行するなら、△△とか□□とかに行きたいな」「こないだ作った○○がすごく美味しかった! 今度△△くんにも作ってあげたいな」

ほとんど「好き」と言ってるようなものですが、楽しい妄想が膨らむ程度にとどめているのがポイントです。相手に恋愛のドキドキ感を味わってもらい、気持ちを盛り上げるようなメッセージを選びましょう。

恋愛メールで一番重要なのは「ドキドキをいかに長く楽しむか」という視点。それを大切にしながらやりとりしていけば、自然と盛り上がるはず! ぜひお試しくださいね。
(リリーQ)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP