COLUMN

洗いすぎの罠にご用心! 美肌をめざすなら大切なのはクレンジング 


美肌をめざそうとすると、化粧水やクリームにこだわったりと、与えることばかり考えがち。実は、大切なのはクレンジングなのだとか。実際、クレンジングで肌トラブルを経験したことがある人も多いようですが、そんな経験はありませんか。


小学館女性インサイト研究所が、10〜50代の女性603人に「クレンジング」についてアンケート調査をしてみると、約30%の人が、クレンジングで吹き出物や乾燥、かぶれなどの肌トラブルを経験したとか。

そして、80%以上の人がクレンジングと洗顔料の両方を使ったW洗顔をおこなっていて、クレンジングのみで済ませている人はごく少数。肌タイプ別では、オイリー肌よりも乾燥肌の人のほうがW洗顔の割合がもっとも高いという結果に。

クレンジングの購入ポイントは「洗浄力」という回答が過半数を占めましたが、一方で、あわせて「低刺激」と「保湿力」を同時に選ぶ人も多く見受けられました。また、今のクレンジングに不満を感じている人は、「メイクや毛穴の汚れ落ちが悪い」に意見が集中。

肌への負担や優しさを気にしつつも、洗い上がりのスッキリ感が欲しいというのが、クレンジングに求めるポイントになっているよう。

ビューティスキンスペシャリストの深澤亜希さんに、適切な洗顔方法やお肌に合った洗顔料の選び方を聞いてみましょう。

深澤さんいわく、皮膚科の先生によると、肌トラブルの多くはクレンジングに問題があるそう。メイクや汚れを“落とす”という行為は、肌にとって実はとても負担なことなので、クレンジングを正しく行えば、乾燥や吹き出物などの肌トラブルが改善される場合が多いとのこと。

そこで大切なのは、メイクに合ったクレンジング剤を、正しい量を使ってメイクオフすること。そして、どのクレンジング剤も、まずは手のひらで温めてからお肌にのせ、洗い流すときは人肌の温度のお湯を使い、髪の生え際まで丁寧に洗い流すことも忘れずに。

また、クレンジング剤をお肌の上にのせておく時間は、せいぜい40秒から1分ぐらいだとか。意外に手早く洗わなければならないようですね。

そして、正しいクレンジングに加え、アイテムを選ぶ際は、お肌のうるおいをキープしつつ、素早くすっきりメイクが落とせるものを選ぶといいと、深澤さんはすすめています。

Nature & Coから新発売されたクレンジング4品は、クリーム、オイル、ミルク、ローション、それぞれに異なるオーガニック抽出オイルを配合。素材そのものの良さを引き出すために着色料やパラベンは使用せず、後肌にまでこだわった優しい使い心地が特長。4つの中から、肌質や質感で好きなものを選ぶといいですね。

クレンジング方法やクレンジング剤など、一度自分のクレンジングを見つめ直してみては? 肌トラブルを避け、これまで以上の美肌になれるかも。

・Nature & Co
公式サイト

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP