COLUMN

浴衣でお出かけするならメークも変えて! 花火大会前にメークチェック!


夏本番を迎え、浴衣の季節がやってきました。浴衣でのお出かけやデートはちょっとスペシャルな気分が味わえて楽しいものですね。そこでメークも浴衣スタイルにぴったりなものをチョイス。しっとり美人になりましょう。


(c) naka - Fotolia.com

スタイリストの伊藤まりさんによると、ここ数年、浴衣のトレンドは「古典柄」や「レトロモダン」のおしゃれなデザインが人気。花柄では「朝顔」「撫子」「薔薇」「椿」など、季節を問わず好きなデザインを自由に楽しむ女性も増えているそう。色はここ数年、白を基調としたものや、鮮やかな色のものが流行しているとか。

そんな浴衣を着ているときのメークは、まず色選びがポイント。浴衣や帯と同系色でまとめると、統一感のあるすっきりした印象になりますが、浴衣と違う系統の色を取り入れると、顔を引き立てる効果が。涼やかさと清潔感を大切にして、遊び心を取り入れたメーキャップを楽しんでは?

資生堂トップヘア&メーキャップアーティストの鎌田由美子さんが伝授る、“大人 Cute”なヘア&メーキャップをぜひ参考にして。

■肌づくり
夏のお出かけに汗はつきもの。汗皮脂対策をしっかりして、涼やかなお肌をキープしたいですね。そのためにも、ベースづくりは、皮脂を抑える効果がある化粧下地やファンデーションを選びましょう。最後にルースパウダーをのせて、つやを適度に出しながら、汗や皮脂にもくずれにくいベースづくりに仕上げて。

■目もと
明るめのアイブローパウダーで少し太めで直線的に眉を描きます。目もとは、ゴールドとピンクのアイシャドーで顔の印象を明るく引き立てて。目尻にはブラウンのアイシャドーで立体感を出し、アイライナーでさらに引きしめ、横顔まで意識すると、浴衣にふさわしい360度どこから見ても美しいメークになります。


最後にマスカラを根元にたっぷりつけ、ボリューム感と長さを出すと印象的な目もとに。涙袋には、パールベージュのアイライナーを入れると明るさと愛らしさがアップします。

■口もと
帯締めの色と合わせたローズ系のグロスルージュでみずみずしく。ヌーディ―カラーの目もとに印象的なリップを合わせ、女っぽくドキッとさせては?

浴衣でお出かけする前に、浴衣メークをチェックしてぜひ参考にして。浴衣姿にぴったりなメークができれば、いつもとは違う、ワンランク上の自分を楽しめそうですね。

・資生堂
公式サイト


■資生堂トップヘア&メーキャップアーティスト 鎌田由美子
資生堂を代表するヘア&メーキャップアーティストの一人。日本フォーマル協会ビューティー講師、全日本婚礼美容家協会講師。和装から洋装までフォーマルなヘア&メーキャップのスペシャリスト。
詳しくはこちら

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP