COLUMN

そのやり方で大丈夫!? 後悔しない夏の正しいスキンケア法


夏は強い紫外線を浴びる機会が多くなったり、汗や水に強く落ちにくいコスメを使う等、お肌に負担がかかることが多くなります。夏は肌の老化が進むと言われているほど何かとトラブルが起きやすい季節なので、正しいスキンケア法を行って美肌をキープしましょう。


■ウォータープルーフ&ミネラルファンデの落とし穴
汗をかいても水に濡れても落ちにくいウォータープルーフタイプのコスメ。海やプール等で遊ぶときなど心強い味方ですが、メイクが崩れにくいからと普段から使っている人も結構いるのではないでしょうか?

とても便利なウォータープルーフのアイテムですが、気を付けないと肌のトラブルを引き起こしてしまう原因になってしまうんです。

ウォータープルーフのコスメが汗や水に強いのはシリコンのおかげ。シリコンが肌に密着する機能を高めてくれるのですが、一度肌につけると普通のクレンジングではなかなか落ちません。

洗浄力が強いクレンジングはファンデだけでなく肌に必要な皮脂まで落としてしまう可能性があり、肌のバリア機能を弱めてしまうことに…。ウォータープルーフのマスカラも同様で、落ちにくい分まつ毛への負担が大きく、抜けたり細くなる原因になります。

海やプール、屋外でのスポーツなど水に濡れたり大量の汗をかく場合はウォータープルーフのコスメを、その他は普通のクレンジング剤で落ちるコスメを使用するなど、シチュエーションに合わせて上手に使い分け肌への負担を減らしましょう。

逆に「肌に優しいミネラルファンデーションならつけたままでも大丈夫」と、メイクをずっと落とさないでいるのも考えもの。夏は皮脂が出やすく、洗わずに放置しておくと酸化してしまいます。酸化した皮脂とファンデーションが毛穴に溜まると、毛穴が開いてしまったり老化の原因にもつながるので、毎日きちんと落とすようにしましょう。

■日焼けをしてしまったら、その後のケアで大きな差がつく!
ビーチ等でうっかり日焼けをしてしまったら、その後のケアでお肌の運命は大きく変わります。肌が赤くなったりヒリヒリしている時は、言わばお肌が火傷している状態。まずは水で塗らして軽く絞ったタオルや、保冷剤をハンドタオル等で包んだもので冷やしましょう。

ヒリヒリ感やほてりが収まったら化粧水で十分な保湿を。このとき注意したいのはお肌に刺激を与えない様にすること。日焼け後の肌はとても敏感な状態なので、パッティングしたり擦る等の刺激を与えるのはNGです!!

シミになるのを防ぐためにビタミンC誘導体入りの化粧水を使うのもお勧め。メラニンの生成を防いでくれるだけでなく、炎症や老化の原因となる活性酸素を撃退してくれるので、お肌のダメージから守ってくれる心強い味方に。

夏のお手入れ次第で秋のお肌に大きな差が出ます。「しっかりお手入れしておけばよかった…」と悔やむことにならないよう、正しいスキンケアで肌を守ってくださいね!
(YUKICO)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP