COLUMN

目指せ二の腕美人!気になる二の腕ブツブツ解消法


夏になるとどうしても気になってしまう二の腕のブツブツ。腕の側面から後ろ側に出る為自分ではなかなか気付かないことも多いのですが、皆様の二の腕は大丈夫ですか? ブツブツがあると清潔感が感じられませんし、せっかくダイエットして細くなっても二の腕がブツブツでは自信を持ってノースリーブが着られませんよね。


エステサロンでは美肌やダイエットのケアは勿論ですが、二の腕の肌ケアも希望が多いです。目指せ二の腕美人! ブツブツ解消法をお伝えいたします。

■二の腕にブツブツができる理由
二の腕の裏側にできる赤みを帯びたブツブツは、全てではありませんが、「毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)」という病気が原因であることが多いです。広がった毛穴に角質が詰まって皮膚が異常反応を起こすことで湿疹のような赤いブツブツができます。これは思春期頃から出始め、40〜50歳代で自然と消えると言われています。

以前は、ビタミンA不足やホルモンの代謝異常、脱脂線機能異常などが原因と考えられていましたが、最近は、特定の遺伝子の変異が原因とも見られ、まだはっきりした原因は特定されていないのが現状のようです。二の腕のぶつぶつは、尋常性魚鱗癬、アトピー性皮膚炎、肥満などと同時に発症する例も多く、これらの症状とも関連があるとされています。

遺伝だから仕方がない、自然と消えるものだからと諦めず、若くて一番オシャレをしたい時期に自信を持ってノースリーブが着られるよう、できることからケアを初めて行きましょう!

・ピーリング
即効性を期待するなら、ニキビなどのケアにも使われているサリチル酸などでのピーリングで固くなった角質を取り除くケア法があります。ただ、ピーリング中やあとのケアが大切なので、皮膚科やエステサロンでされることをオススメします。

・保湿で目立たなくさせる
二の腕のブツブツは肌が乾燥して角質化した状態だと一層目立ちやすくなります。そこで、角質がやわらかくなるお風呂上がりなどに保湿効果のある乳液やジェルなどを塗ってラップを巻いて20分ほどおきましょう。保湿は毎日しても良いので、まずは一週間続けてやってみてください。

二の腕のブツブツは気になって触り過ぎると、つぶれてしまい、かえってひどくなるケースがあります。ニキビ跡と一緒でつぶしたあとは傷になりますし、悪化することが多いので、いじり過ぎは禁物です。やさしく洗って保湿する。基本は顔と同じスキンケアです。

二の腕美人を目指して、毎日少しずつのケアを継続しましょう!
(服部恵)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP