COLUMN

美乳は育むもの! 毎日できる簡単マル秘テクとは?


一日の仕事を終えて家に帰り着き、パンプスを脱ぐ瞬間とブラを外す瞬間は女性が毎日味わう、解放のひととき。今日もお疲れさま、と自分をねぎらいたくなる瞬間でもあります。

画像:(c)Leonid & Anna Dedukh - Fotolia.com

でも、ちょっと待った! ブラを外す前に、鏡の前に立ってみてください。今日一日、あなたの大切なおっぱいがどんな状態でいたか、チェックしてあげるにはこの瞬間が最適なのです。

乳房はきちんとカップに収まっていますか? 脇に流れたり、下にはみ出したりしていないでしょうか。アンダーがきつすぎて、脇や背中のお肉が段々になっていませんか? ストラップが短すぎて、肩に食い込んでいませんか? これらを放っておくと、大変なことになりますよ…。

身体に合わない下着は、ボディラインを崩してしまうだけでなく、血流やリンパの流れを阻害して、様々な健康上の問題を引き起こすことがあります。アメリカのとある研究では、ブラジャーを一日12時間以上着用すると乳がんリスクが高まるというレポートもあり、その原因は締め付けによってリンパの流れが阻害され、乳房の脂肪に溜まった毒素が排出されにくくなるためだとか。

また、女性に多い肩こりも、ブラの肩紐が血流を阻害したり、ブラがずれないようにと肩や肩胛骨、腕周りの動きを無意識に抑えてしまうことから、筋肉が凝り固まってしまうことも要因の一つです。

かといって、スポーツタイプでは色気が無いし、まさかフランス女性みたいにノーブラで薄いブラウスを着て外を歩く自信は無いし…(かの国に行くと、わりといらっしゃいますが)。

そこで、バストをのびのびと解放しつつ、自信の持てる美乳に育てる方法をご紹介!

まず小ぶりちゃん、あるいは下垂・脇流れといった悩みがさほど無いようであれば、無駄にブラで締め付けるのをやめて、例えば2日に一度はカップ付きのキャミソールや楽ちんなノンワイヤーブラなどで、胸や肩周りをなるべく自由にしてあげましょう。それでいて、腕や肩を活発に動かせば大胸筋が鍛えられて血流も良くなり、より美しいバストに近づくでしょう。

一方、バストの下垂や脇流れ、ボリュームダウンが気になる場合は、しっかりとサポートしつつ締め付け感の無いブラ選びが必要ですが、それに加えて、マッサージや簡単なトレーニングで美乳を育てます。特にマッサージは美しく形成するだけでなく、ブラの締め付けで滞留してしまった血液やリンパを流すためにも重要です。やり方は、手を交差させて左右のお乳を手の平で包み込むようにし、外から内側へ、下から上へと優しく揉んであげます。

さらに、脇の下、背中の脇を気持ちいいと感じるくらいの強さで上下に擦ります。温かいお風呂の中で行うと血行が促進されて効果的ですよ。また大胸筋は、バストを持ち上げて寄せてくれるありがたい筋肉。

猫背の人のバストが下垂してしまうのは、この大胸筋が衰えてしまうことが原因です。ここを鍛えるには、まず日頃から正しい姿勢を心がけることと、ヨガの合掌のポーズをしつつ、手の平を強く合わせる運動が効果的。

腕の付け根からバスト上部に向かって、デコルテを覆っている大胸筋に力が入っていることを意識して、ぐっと手の平を押し付けましょう。これならテレビを観ながらでも簡単にできますよ!

バストアップに効くとされるサプリなどもありますが、ホルモンバランスに働きかける成分にはリスクも伴いますので、頼りすぎに注意しましょう。


(Kikka)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP