COLUMN

小顔に見えてスタイルUP! 美しい首を手に入れるセルフケアの方法


汗をかきやすい夏は髪をアップにする機会が増え、首筋やうなじを露出するシーンが急増! 注目度が高まる首が短いと全体のバランスが悪く顔が大きくみえてします。

画像:ペイレスイメージズ

首筋は年齢が現れると言われており、シワのある首筋は老けた印象に…。この夏はいつもあまり意識することのない首をケアして、首筋美人を目指しましょう。

■姿勢を正して首筋を伸ばす
実際は首が短いわけではないのに、姿勢が悪くて首が短く見えてしまっている人は多いのではないでしょうか。心当たりのある人は首の正しい位置を把握して、首を長く見せちゃいましょう。

まずは猫背気味で前方向に伸びてしまっている首を正しい位置に戻します。左右の肩甲骨を後ろでギューッと近づけ、力を抜いてストンと肩を降ろします。

次に肩甲骨を下に下げるようにして肩の位置を下げます。更に頭のてっぺんが糸で引っぱられているようなイメージで、首筋を上に向かって伸ばします。このとき軽くアゴを引くのがポイントですよ。

■首回りの筋肉をほぐす
肩が凝っていると血流が悪くなりリンパの流れも滞りがちに。肩や首周りの筋肉をほぐして巡りをよくし、首を動かしたときにキレイな筋が見える様な、むくみやつまりのない首をキープしましょう。

首を右側に傾け右の手の平を側頭部にそえます。ゆっくりと手に力を入れて左側の首筋を伸ばし10秒キープ。そのまま首を右斜め前に倒して同じ様に10秒キープします。反対側も同様にストレッチ。

次に両手の平を組んで後頭部にそえ、頭を前に倒して首の後ろ側を伸ばします。今度はアゴをグッと上に持ち上げて首の前側も伸ばしましょう。

■首のマッサージで老廃物を流す
首回りの筋肉をほぐしたら、マッサージで老廃物を流しましょう。マッサージクリームやオイル等を手に取り、耳の後ろから鎖骨に向けてさすります。左右両方行ったら首の前側もマッサージ。アゴを軽くあげた状態で、アゴ下から鎖骨に向けてやさしくさすりましょう。

夏はとにかく首筋に視線が集中しがちなシーズン。美しいバレリーナのような首筋に近づくためにも、首回りのコリをほぐしてリンパの流れをよくし、正しい首の姿勢をキープするように心がけてくださいね。
(YUKICO)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP