COLUMN

美しいヒップは女性の象徴、若く見せるためのエイジングケア


キュッと上がったヒップは女性の若々しさの象徴でもある部分ですよね。ヒップはエイジングケアには欠かせない場所で、ヒップが1cm上がると、脚が3cm長く見えると言われています。


日本では、ヒップはセクシーポイントとしては重要視されていない傾向にありますが、世界的には、ヒップは胸と同じ位セクシーポイントとして意識されています。特に、アジア人である日本人は、ヒップが垂れ下がりやすい体格なので、意識して鍛えることが大切になります。

■なぜヒップラインが崩れる? 
ラインが崩れる要因には、加齢と運動不足による筋肉の衰えがあり、特にたるみやすいのはお尻と太ももの境目(二の尻)の部分で、ここに脂肪がつくとあっという間にヒップは下垂します。

補正下着はあくまでも外側から一時的に形を維持するだけなので、下着を脱ぐとすぐに元のラインに逆戻りしてしまいます。そのため、部分的に働きかけるケアやトレーニングが大切になります。

■美しいヒップラインとは? 
美しいヒップラインとは、肉の上に必要最低限の脂肪がついており、太ももに脂肪が流れていない状態です。位置の理想としては、身長の半分の位置にヒップの一番高い部分がくるのが理想のヒップと言われています。

■マッサージケア
セルフケアの方法として、太ももに流れた脂肪を上に上にと引き上げるマッサージが効果的です。


■姿勢改善でヒップ位置を高く
姿勢も大切です。猫背ですと、骨盤が後ろに傾いてしまい下腹がぽっこり出て、ヒップラインが垂れ気味になってしまいます。



■ヒップアップトレーニング1
壁に手をついて、片足だけを外側に開閉するトレーニング。左右40回を3セット。



■ヒップアップトレーニング2
壁や手すりなど固定しているところにつかまり、脚を上に引き上げる運動。左右30回を3セット



■ヒップアップトレーニング3
安定しているベンチなどに両足でジャンプします。ベンチに登った際に、しっかりとお尻を落として、ジャンプして下に降ります。10回を3セット。



■ヒールを履いてヒップアップ意識
また、5cm〜7cm位のヒールを履くこともおすすめです。ヒールを履くことで足に緊張感が生まれ鍛えられますし、大股で歩くことで運動効果もありますので、代謝が上がります。

この様に、年齢に関わらずしっかりと筋肉を鍛えれば、いくつになっても美しいラインをキープ出来る部位とも言えますので、しっかりケアして若々しいヒップを手にいれましょう。

年齢と共に筋肉と脂肪は重力に負けて垂れ下がってきます。ヒップは女性の魅力のひとつでもあるので、日々のトレーニングで垂れ下がりを防止していきましょう。成人のトレーニングは早ければ早いほど良いです。

年齢を重ねるにつれて、筋肉がつきにくくなり、逆に脂肪がつきやすくなりますので、気になる方はすぐに始めましょう。また、トレーニングは継続が大切です。無理して短期間であきらめてしまうよりも、無理せずに長期間続けられるように心がけましょう。
(田中 愛)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP