COLUMN

誰でも簡単! 「朝ファスティング」でリセットビューティー


手軽にできる健康療法として脚光を浴びているファスティング(断食)。ファスティングと聞くと、辛いイメージをもたれがちですが、一番の目的は、日頃休みなく働き続けている消化器官に休息を与えてあげること。ですからたった1日や1食だけでも、体内には大きなリセット効果を与えることができるのです。

画像:(c)taka - Fotolia.com

長期ではなかなか実施するのが難しいという方には、朝だけファスティングをする方法をお勧めします。

■朝ファスティングのルール
方法はとっても簡単。毎朝、起きてから昼の12時までの午前中の間は、固形物を食べずに、水か白湯、または生姜白湯のみで過ごすというもの。できれば5日間以上続けられるとダイエット&リセット効果が増しますが、できそうな日だけ単発で行うこともおすすめです。

ただし、夕食が遅くなる方の場合は、朝ファスティングよりは、夕食時にファスティングをするほうが効果的です。また、新月の日は解毒・浄化作用が高まりますから、「毎月新月には必ず実施する」や「食べ過ぎた日の夜はファスティング」など、無理なく続けられるルールを設けてもよいですね。

■生姜白湯の作り方
お湯の中に、摩り下ろした生姜を少量入れるだけ。そのままでは苦手という人は蜂蜜を少しいれて混ぜると飲みやすくなります。冷えが気になる方は、水や白湯よりも生姜白湯に置き換えるほうが、体温アップにもつながるのでおすすめです。飲み方のポイントは以下の3つ。

1. 湯を沸騰させてから覚ます
2. 午前中にマグカップ1杯分をゆっくりと時間をかけて飲む
3. 温度は50度〜60度くらい
4. 生姜が家にない時や苦手な方は、生姜をいれず、白湯でOK


■お腹が空いてしまう場合は?
生姜白湯や水だけではお腹が空いてしまうという方は、手作りのフレッシュスムージーや甘酒(※過去記事を参照)を午前中に飲んでみてください。フレッシュスムージーとは、野菜や果物を水と一緒にミキサーしたものです。季節のものを使い、いつも違ったレシピを試してみると楽しいですね。

ただし、氷を入れて冷たく作ってしまうのはおすすめできません。冷えは美と健康の敵。できる限り体内には体温以上の温度のものを入れるように意識してみてくださいね。甘酒やスムージーだと満腹感も得られますので、続けやすいはず。

日頃休みなく働き続けている大切な体に少しの休息を与えてあげて、内からキレイを目指していきましょう。
(中嶌歩見)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP