COLUMN

第一印象を左右する香りを使って、恋愛上手になる方法


「あの人好印象だな」とか、「素敵な人だな」と直感で思う第一印象はとっても大事ですね。そして第一印象は意外と後々まで記憶に残る物です。第一印象の善し悪しは、見た目、雰囲気もあると思いますが、実はとっても関係しているのが香りなんです。


何となく懐かしい香りがしたり、自分が惹かれる好きな香りがする人は、ずっと好印象で深い記憶に刻まれていたりします。「香りと記憶」、「香りと本能」は実はとても深い関係があるのです。

人工的なキツい香水の香りよりも、自然界に存在する身近な良い香りの方が人間の脳を強く刺激します。例えば、洗い立てのリネンの香りや自然なオレンジの香り、甘いお花の香り、樹木の香り、潮の香りなどに動物や人間の脳は特に刺激され、反応します。

いくら見た目が良くても、嫌なにおいを発している人は好きにはなれないですし、逆に見た目がそんなに好みではなくても、良い香りを発していると、なんだか後になって気になる存在になる確率は高いです。

それは、視覚による刺激よりも、嗅覚による記憶はより長い間脳の記憶を司る、海馬に焼き付いているからなのです 。小さい頃に嗅いだ懐かしい良い香りは、良い記憶とともにずっと残っていることが多いですね。

動物が自分のにおい(フェロモン)を発して異性を引きつけるように、人間もやはり、自然な良い香りを発している人は、気になる存在、好印象に残る人に繋がるわけですね。

「香り」は、好き、嫌いといった感情にダイレクトに働きかけます。香りの分子は鼻から入って嗅神経を通り、脳の大脳辺縁系に伝わります。その中でも感情を司る扁桃帯、記憶を司る海馬を刺激します。

ある香りを嗅ぐと昔の良い(または悪い)出来事が思い出されるというのは、香りが脳の感情と記憶を司る所を同時に刺激して、好き、嫌いな出来事と一緒に記憶されるからなのです。

歴史的に有名な世界3大美女の一人、クレオパトラは、天然の植物の香りだけでなく、ジャコウジカやジャコウネコから取られる、ムスクやシベットといった動物性の香りを上手に使って、男性達の心を射止めたと言われています

もしも、意中の人がいたら、それとなく好きな香りを探り出し、身にまとってみるのは効果的。もし相手があなたのことをそれとなく気にしているようだったら、香りと一緒にあなたのことも彼の記憶に深く印象づけるでしょう。

もしそれを聞き出すことができなければ、以下の代表的な香りのカテゴリーを参考に、好きな香りを探してみてはいかがでしょうか? 

■香りの種類
・フローラル系:ローズ、ジャスミンなど。華やかで上品さを出したい方に。

・ウッディー系:サンダルウッド、シダーウッドなど。安らぎ、落ち着きを与える香り

・シトラス系:オレンジ、グレープフルーツ、レモンなどの柑橘系の香り。爽やかさ、明るさを表現したい方に。

・スパイシー系:シナモン、カルダモン、タイムなど。シャープでエキゾチックさを出したい方に。

・グリーン系:ティーツリーやローズマリー、ペパーミントなどの香り。清々しさ、若々しさを出したいときに。

まだまだ香りの種類はたくさんありますが、基本の香りの種類は上記に分けられます。これらをブレンドして使ってもOKです。

例えば、フローラル系とシトラス系を組み合わせることで、お花の甘さ+柑橘系の爽やかさがプラスされ、更に香りに深みがでます。またフローラル系とウッディー系を会わせることで、エキゾチックさを出すと言われています。

■香水の作り方
香水瓶にホホバオイルを10ml入れます。上記のお好みの精油2〜3種類を、合計で20滴入れ(10%濃度)、良く瓶を振って混ぜます。これを耳の後ろやデコルテ辺りにつけて使用します。

市販の香水と違って、香りの持続時間は短くなりますが、何度かつけ直していただくことで、香りはとても長持ちします。天然の香りなので、キツすぎず、周りの方に不快な印象を与えることはありません。

脳の記憶、感情に働きかける天然の香りを上手に使うことで、あなたの第一印象がアップすること間違いなしです! 
(Haruko Wu)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP