COLUMN

見た目年齢マイナス10歳、首元のシワケアのポイント


女性が顔の次に見た目年齢を指摘するところといえば、やはり「首元のシワ」です。首は年齢が表れやすい所ですが、顔に比べてお手入れがおろそかになりがちです。


ですが、ケアをするととても効果が現れやすい箇所でもあります。そこで今回は、首元のシワで、見た目年齢マイナス10歳! のケア方法をお伝えいたします。

■首元にシワが出来る原因
首元は、顔と同じようにほぼ常に露出している部分です。マフラーなどで隠れることもありますが、紫外線の影響が大きい夏などは特に、外気の乾燥や紫外線などのストレスを受けています。

紫外線は様々な悪影響を及ぼしますが、活性酸素で根本的に身体を老化させるという恐ろしい作用があります。老化によって筋肉がたるむとシワの原因になります。

乾燥もシワの原因ですし、姿勢が悪かったり、頬杖をつく癖が合ったり、枕の高さが高すぎる場合も首元のシワの原因になります。首元のシワを予防・改善する為に姿勢を正し、低めの枕を選ぶようにしましょう。

■首元のケアの方法
首元は、顔と同じようにしっかりケアしなければいけない部位ですが、顔と同じようなケアをできていない方が多いようです。簡単な方法は、顔のケアをする際、その範囲を首元まで広げることです。化粧水をしっかりと塗って水分を補給し、乳液やクリームで保湿をします。

最近では首専用のケア用品も多数発売されているので、それらを使えばなお良いでしょう。日焼け止めを首までしっかり塗って紫外線を防ぐこともとても大切です。気になるシワは主に首の前のシワなので、首の後ろのケアは特に忘れがちですが、首の後ろまでしっかりお手入れをしましょう。

■マッサージで首元美人
首元をマッサージなどで引きしめてあげるのも効果的です。耳の後ろのくぼみを軽く揉み、そこから肩へつながる筋肉(胸鎖乳突筋)を反対の手でつまむようにしながら、上から下へ揉んでいきます。

鎖骨の端のくぼんだ部分を押しこむように揉んだ後、鎖骨を肩から中心になでるようにさすります。こうすることでリンパの流れが良くなり、老廃物を流して首だけでなく顔もすっきりさせることができます。

上を向き、首の下から上に向かって、両手の指でさするように撫でてやると程よく筋肉が刺激できます。マッサージの際には首用のクリームなどを使うとなお効果的です。

日々のお手入れの積み重ねで見た目年齢は大きく変わってきますので、首元も顔と同じようにケアして見た目年齢マイナス10歳を目指しましょう!
(服部恵)

関連リンク

おすすめ特集



RECOMMENDED ITEMS





    PICK UP